スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もやもや

相撲への注意が完全にお留守になっていた間に事態がかなり進展しましたね。
今回の処分はなんだかやり切れません。
八百長認定されて、実質相撲界追放される力士たちがそこまで悪質なことをやっていたとは思わないし、残った力士が全員清廉潔白だとも思えない。大関以上、またネームバリューのある力士が含まれていないことからしても、処分された力士たちが人身御供にされた気がしてなりません。
八百長が行われるのは個人の心がけの問題も勿論ありますが、それより大きいのは相撲界の体質。個人の問題に矮小化して終わりにするのはやっぱり納得できない。
徳瀬川、白馬、地味だけどいい相撲取るから好きで期待してたのに…。残念だし悔しさが残ります。




スポンサーサイト

春場所中止

っぽいですねぇ。開幕前の楽しみがなくなってしまいましたが、これは避けられないでしょう。

今回の件、ああー、ついに物証でたかー、が最初の感想でした。
千秋楽に7勝7敗の力士が異常な勝率。明らかに無気力相撲なのに知らんふりでもっともらしく取組解説するテレビ中継。げんなりさせられたことは多々あります。


このご時世にまだ八百長がしっかり生き残っていたこと。私見では、大相撲に関わる人たちが、自分たちは社会に許されているから存在できているんだという意識を持てなかったことが原因ではないかと。

相撲協会の人たちは、大相撲をスポーツだとは思っていません。競技者と、フィールドと、道具があればいつでもどこでも成立するスポーツと、歴史や伝統で固められた舞台の上でしか存在しない大相撲は根本的に違う。
その意識が間違っているとは言わないし、そういうものを軽んじて何が大相撲か、という意見には賛成です。

ただ、その結果成立する超閉鎖社会の弊害にあまりに無頓着すぎたのではないかと。
例えば他のプロスポーツで八百長が発覚して大騒ぎになったとき、特殊意識のため自分たちの八百長も同じことだという発想が持てない。仮に持てたとしても、実体のない「世間」への意識より長年培われたしがらみのほうが圧倒的に強い。自分たちは特殊なんだから、世間に合わせる必要はない、という人で上から下まで固められた組織が自浄能力なんて持てるわけありません。


相撲協会は、相撲ファンもNHKも日本政府も紛れもなく世間の一部であること、そして、それらの支えがなければ自分たちは一秒たりとも存在できないことを忘れていた。
大相撲という素晴らしい文化を守ることと、自己批判しないことをイコールだと勘違いしていた。そう思えてなりません。


これから大相撲がどうなっていくのか、正直さっぱり分かりません。怖いです。
間違った自己保存本能は自分の首を絞める結果しか招かないことを自覚する、これが最後のチャンスなのか、そのチャンスはもう過ぎてしまったのか。


温いながらも相撲を愛しているものとして、ハラハラしながら見守っていくしかありません。


初場所

1月のお楽しみ、初場所です。
初日は調子悪くてもあまり集中して観られなかったので、昨日は相撲中継最初から最後まで、つまり三段目の終盤から幕下十両幕内結びの一番まで五時間ぶっ通しで観てしまいました。疲れたけど楽しかったっす。
昨日は相撲中継のゲストがデーモン閣下で、相変わらずの相撲好きっぷりに脱帽です。デーモン閣下がラジオで相撲ネタしゃべるの楽しみにしてた高校時代。
中入りの時間にやってた夢番付も面白かったです。琴田宮、私もありだと思います。だってあまりにも不平等だもんなあ。
観てない人には何のこっちゃですが、要するに琴光喜を十両あたりで復帰させようよって話です。

相撲ファンとして尊敬してるので、雅山の取組のとき、突き押しで攻めていってスッと引く、という取り口に「雅山スペシャルだー」と呟いた直後にデーモン閣下が全く同じ発言してちょっと嬉しかったです。
デーモン閣下は知識も相撲好きレベルもなかなか凄まじいですが、視点はあくまでも素人、相撲ファンなので、親方が相撲人目線でやってる解説からでは見えない相撲の楽しみかたとか、素人ならではの質問なんかも出てきて新鮮です。ただ話のレベルが相当高いので私のようなぺーぺーの相撲ファンは付いていくのが大変なこともしばしば。


そんな感じで、デーモン閣下がゲストの時と、行司特集の時は相撲中継観るのに力入ります。


行司特集

いやー今日の大相撲中継、行司好きにはたまらんかったです。
普段小さーく映り込む彼らを必死でガン見してる身としては、立行司木村庄之助・式守伊之助以外の行司がアップで画面に映されたりしたら変なテンションの上がり方して心臓に悪いです。
最近気になってるのは式守与太夫。幕内格の一番下で、今場所は十両の最後2番を裁いていますが、美声。とにかく美声。所作もキレイ。3時40分過ぎ頃(千秋楽は3時過ぎ頃?)に相撲中継点けたら観られると思いますので、機会があったら是非。



朝青龍語るよ

相撲語らせたら長い上に朝青龍ファンなもので、今回の件についてひと言ふた言。

こういう形で引退することになった訳ですが、これはもう仕方ないです。人を殴っちゃいけません。きちんと責任はとらないと。サッカー騒動の時はちょっと過剰反応な気がしましたが、今回は全く話が違いますから。

で、今度の話でびっくりしたとか、ショックだったとか、全然そんなことはないんですね。「あ、ついにきたか」というのが正直なところです。三役に上がった頃から朝青龍に注目してきて、ずーっと応援してましたけど、円満に相撲人生を終えられるとはどうしても思えませんでした。朝青龍自身も記者会見でそんな感じのこと言ってましたね。
良くも悪くも規格外なところが朝青龍の相撲の魅力につながっていたと思うので、こういう終わり方もらしいといえばらしいかな、ともちろんもっともっと朝青龍の相撲、観たかったですけど。

朝青龍の何が好きだったって、あのスピードとパワーと勝負勘。この三つを超ハイレベルで兼ね備えている力士はそうそういません。幕内に上がってきてあっという間に横綱まで駆け上がったとき、年六場所完全制覇したとき、35連勝したとき。私の相撲ファン人生はそのまま朝青龍の歴史と重なってます。態度とか素行とかいろいろ問題はありましたし、それを擁護するつもりは全くないんですが、長い間一人横綱を務めて「強さ」を見せつけつづけた朝青龍は土俵を締める重要な存在だったと思うのです。もし朝青龍がいなかったら、この8年ほどの大相撲はものすごくつまんないものになったんじゃないかなぁ、と。

優勝した初場所、朝青龍の相撲が少し変わってきてました。売りの一つだった強引さが影を潜めて、相手に徹底的に考えた理詰めの相撲。上手さを一段と磨いて、以前ほどではないにせよこれからも優勝を重ねてくれるかな、と期待した初場所、最後の場所でした。

朝青龍は、相撲のことは本当に大好きだったんだと思います。ただ、相撲界とはどうしてもなじめなかった。まだ29歳での引退は惜しいですが、ずっと忘れませんよ。あなたの相撲、大好きでした。

一つ心残りなのは一度も生で朝青龍の取り組みを観られなかったこと。無理してでもいっぺん行っときゃよかったなぁ、とちょっぴり後悔してます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。