スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了ー。

昨日、中央公論社の「日本の歴史」読了いたしました。わーい。読書記録調べてみたら全26巻読むのに2年3ヶ月かかってました。…長かったなあ。南北朝時代とか江戸時代の経済とか訳わかんなすぎて泣きそうになったりもしたけど、楽しかったよ。また調べものとかでちょくちょく引っ張り出すから本棚で待機よろしく。
さてと、お次は去年のクリスマスから塩漬けになってた「世界の歴史」に取り掛かりますか。。

この前やってた高校生クイズ観ていてやたら燃えました。どう足掻いても1割くらいしか答えられない私はスーパー高校生の皆様にアリのごとく踏み潰された訳ですが、10ポイント先取の決勝戦で4ポイント取れたのでもう満足です。まあ日本文学の、しかもかなり好きな所から3問も出てくれたおかげですけど。東大生正当率1パーセント以下の問題なんて、超得意分野じゃなきゃ分かるはずがない(開き直り)。あとの1問は漫画で見た用語を適当に言ったら当たってしまっただけで、それがどういう意味なのかはさっぱり理解してません。
ああいうの観ると、こいつらには絶対かなわないからせめて得意な分野だけでもしっかり頑張ろう、と前向きなような後ろ向きなような気持ちになります。



スポンサーサイト

百人一首トレーニング

最近、夕食の時、「建さん決まった?」「いや、まだ・・・」という会話がくり返されております。あ~、めちゃくちゃ心配です。いい形で落着することを祈るしかありません。

メインはカープに全く関係ない話。
正月になると妙にカルタやら花札やらやりたくなりますが、ウチは父が高校の国語教師、母も国文科卒、私も文学部志望というものすごく偏ったメンバー構成なので、百人一首を全部暗記してないヤツは半人前、というよく考えれば理不尽な掟があります。
父は3歳児の私に自分のお気に入りの歌を暗唱させて遊んでたそうですが(本人は記憶にない)、そんなこんなで中学校に上がる頃には一通りマスターしてました。今は妹(中学生)が修行に励んでおります。

最近、ただ上の句から下の句を思い出すだけじゃつまらない、ということで、私の発案でレベル制が導入されました。

レベル1:100首全てで決まり字以下の暗唱ができる
レベル2:100首全ての歌意が分かる
レベル3:100首全てで下の句から上の句を思い出す逆暗唱ができる
レベル4:100首全ての作者、詠まれた年代、出典歌集の解説ができる

現在妹がレベル1、両親がレベル3、私がレベル4の修行中です。下の句→上の句は簡単そうで結構難しく、マスターするのに時間がかかりました。それができたからって得することなんか一つもないんですが、まあ楽しければいいんです。

百人一首を出発点として、今万葉集と古今和歌集をじりじり読み進めています。やたらに時間がかかるのでまだ古今は半分、万葉は10分の1くらいしか進行してませんが、ぼちぼち頑張ります。


どうでもいい追記:架空、実在を問わず思い浮かべた人物を約20の質問で当てるというこのサイト。芸能人や作家、マンガのキャラクターなどかなりの精度で当たるので、試しに「前田智徳」でやってみたら見事に当たって驚愕しました。外国のサイトなのにすげぇ・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。