スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残塁残塁また残塁 対中日3回戦0-4

拙い攻め あまりの果ては 笑い合い
ははははは。今日も見事に9残塁です。

梵と栗原が深刻ですね。2人とも自分のスイングができていない。特に栗原は力みが微妙な狂いを生んでいるようで心配です。今日もチャンスで結果を出せませんでしたが、4番の重圧というのは想像以上のものがあるのでしょうか。しかし、今日の梵の第三打席の大ファール、栗原の最終打席のレフトフライはなかなかいいあたりでした。何かのきっかけになってくれるといいのですが。

そして、誰もが疑問を持ったであろう6回の采配。0-2とリードされ、ツーアウトランナー1塁から8番の山崎に代えて嶋。嶋がセンター前ヒットを放ち、1,2塁となったところで長谷川に代打・・・と思いきや長谷川がそのまま打席に入り、三振に倒れました。その裏、続投した長谷川が中村紀に2ランホームランを浴び、この采配は完全に裏目に出てしまいました。
なぜマーティは長谷川に代打を送らなかったのか。一つ考えられるのは、左の代打の森笠と喜田の状態があまりよくなかったこと。そして、前田は後に取っておきたかったのか。代打を送って前の回にいいピッチングをした長谷川を代えるメリットは低いと判断したのでしょうか。長谷川にヒットが出ればもうけもの、凡退しても次の回は一番から、というふうに考えられないこともないですが、それならば山崎に代えて嶋を出したことに納得がいきません。いろいろな意味で後味の悪さが残りました。

開幕シリーズは2敗1分という結果に終わってしまいました。手も足も出なかった、というわけではなく、チャンスをことごとく逃した末の結果なのでフラストレーションが溜まります。一投一打が勝負の全て。この気持ちで市民球場から出直しです。



春の甲子園9日目、一戦目で慶應を破った山口の華稜が天理と対戦しました。先制したもののやはり力の差は大きく、1-10で敗戦。ベストエイトは近畿勢だらけですね。

スポンサーサイト

ルイスの誤算 対中日2回戦3-5

昨日と同じくどっちに転んでもおかしくない試合でした。それだけに落としてしまったのは痛い。

一番の誤算はルイス。期待されながらも4回4失点という結果でした。初回と2回は合わせて3つ三振を取るパーフェクトピッチングで、ストレートのMAXは148㎞/h、スライダーのキレも素晴らしかった。しかし、ストレートとスライダーでポンポンストライクを取り、ボール球も内角の球もほとんど使わないピッチングでは中日打線を抑えることはできません。3回には配球の傾向を読まれて森野のホームランを含む5安打を集められ、3失点。4回には課題のボークが2つ絡んで1失点。ほろ苦いマウンドになってしまいました。あれだけのストレートがあるのなら、シュート系のボールが無くても体の近くにストレートを配球するだけで外角の使い方がかなり広がると思うのですが。実際3回に井端の打席では、カウント2-1から内角に1球ボールで外し、次の外角へのスライダーで見逃し三振を取ることができました。リードするキャッチャーも含めて、次回登板までの改善を期待します。

1-4とリードされた6回2アウトから、エラーを足がかりに前田の2ランホームランが出たときは「いけるかも!」と思ったのですが・・・やはり5回のノーアウト満塁のチャンスで1得点、7回のノーアウト2,3塁のチャンスで無得点に終わったのが痛かった。特に森笠と梵はボール球に手を出して三振。制球を乱して苦しんでいた朝倉を助けてしまいました。

少ないチャンスを確実に点につなげ、投手は粘り強く最少失点に抑える野球に活路を見いだすのなら、まだできることがあったように思います。反省すべきことは反省した上で、気持ちを切り替えて明日の試合に臨んでほしいです。

チーム初ホームランとなった前田の一発は、チーム通算7000本のメモリアルアーチだったそうです。ラジオによると7000本の内1040本が山本浩二と衣笠祥雄のコンビによるものだとか。2人の偉大さを改めて実感しました。

波乱含みの船出 対中日1回戦2-2

2008年開幕戦。
いきなり凄い試合でした。病人には刺激が強すぎます。9回裏から胃痛が治まりません。でも、負けなかったので一応良しとしましょうか。チームの方向性や去年からの進歩が見えた試合でもありました。

開幕スターティングメンバーはこちら。

1.(中)天谷
2.(遊)梵
3.(右)アレックス
4.(一)栗原
5.(左)前田
6.(三)シーボル
7.(捕)石原
8.(二)東出
9.(投)大竹

一番の嬉しかったのは素晴らしい成長を見せた大竹。しっかり腕を振って投げていたので、少々ボール気味でもバッターが振ってくれます。ボールが先行しても簡単にストライクが取れたあたりに去年とはひと味違う大竹を見ました。自身がポイントに挙げていたシュートも有効に使えていたように思います。
川上に一発は浴びましたが、8回1失点の投球は見事の一言。勝ちがつかなかったのは残念ですが、エース・大竹の素晴らしいお披露目になりました。

一方の攻撃陣も序盤によくボールを見て、おっつけていこうという意識がよく見えました。特にアレックスとシーボルの外国人コンビがよかったですね。2人とも猛打賞でアレックスは2ベース2本、シーボルは打点付き。川上の制球が定まってきた中盤以降の淡泊さと、残塁の多さは課題です。

それにしても今日の試合はもつれました。9回表、石原のライト線2ベースで勝ち越し点を挙げて、その裏に抑えのコズロースキーが登板。先頭の井端は三振に取るも、ヒットとフォアボールでランナーを出して中村紀に2ベースを浴びます。ファーストランナー本塁クロスプレーの時は生きた心地がしませんでした。コズロースキー、今日は打たれましたが、開幕戦特有の雰囲気にのまれた部分もあると思います。ボール自体はそこまで悪くなかったので、次からはしっかりやってくれるでしょう。9回裏を1失点で乗り切ってもまだまだ恐怖は終わらない。10回裏に登板した横山はノーアウト1塁3塁から満塁策。ゲッツーとセカンドゴロで無失点でしたが、恐ろしさのあまりずーっと硬直してました。カープも10回、12回とチャンスをつぶし(赤松のところで代打喜田でもよかったと思いますが)、リリーフ陣は11回の林、12回の先頭にフォアボールを出した岸本の後を受けた梅津が好投。引き分けに終わりました。

今日の収穫
大竹好投。シーボルの上手いバッティング。石原のリードとキャッチング。林、梅津の好投。ピンチになっても諦めない粘り強い戦いの姿勢。
今日の課題
1,2番の出塁が少ない。残塁12。


明日の先発はルイスでしょうか。できれば刺激の少ない、安定した試合をお願いします。ああまだ胃が痛い。

開幕迫る!

昨夜無理して出歩いた挙げ句に行き倒れ、明日が開幕だというのに足腰立たなくなって寝込んでおります。嗚呼情けない。


指折り数えて待っていたセ・リーグ開幕まであと1日。またカープの勝敗によって機嫌が乱高下する季節が始まります。

眠れぬ夜の独り言

いつまでも親に引っ張ってもらって歩くわけにはいかないので、先日介護用品店に杖を買いに行きました。
あれやこれやと品定めしている最中に、店の前を賑やかに話しながら歩いていく同い年くらいの若者たちの姿がガラス越しに目に飛び込んできました。
ついこの前までは自分もそうしていたのに、今は超低速で10分も歩けば力尽きてしまう。その近くて限りなく遠い距離を思い知らされて、悲しいを通り越して胸が空っぽになったような感覚に襲われました。
いつになったら元気になるかも、どうしたら元気になるかも分からない。
努力すれば叶うと思っていた大学に行きたい、働いて自立したいという目標を努力以前の問題で取り上げられて、それでも下を向かずに生きていくのは、時々、すごく、苦しいです。

大相撲春場所千秋楽

朝青龍優勝おめでとう!!
2場所連続の横綱相星決戦となった今日の結びの一番、立ち合いややタイミングが合わなかったものの左四つに組み、白鵬が一気に土俵際まで寄っていったところで朝青龍の小手投げが炸裂。4場所ぶりの優勝を決めました。
しかし今日の白鵬はらしくなかったですね。まわしが両方とも取れない状態で無理に前に出ようとしたのは、やはり足首の状態が思わしくなかったからでしょうか。昨日の相撲で痛めたふうにも見えなかったのですが。

今場所は2横綱の強さが際だった場所になりました。2人とも千秋楽までに2敗は喫したものの、白鵬はまわしを取れば、朝青龍は立ち合いが決まれば無類の強さを発揮します。休場して来場所カド番の琴欧州、8勝7敗でぎりぎり勝ち越した千代大海、魁皇、琴光喜の大関陣の不甲斐なさも手伝って、これからしばらくは横綱2人が優勝を分け合う状況が続きそうです。

若手では敢闘賞の栃煌山、殊勲賞の琴奨菊、豊真将、若ノ鵬、豪栄道あたりが来場所も楽しみです。


相撲の記事書く時は漢字変換がめんどくさい・・・

オープン戦終了! 対横浜6-1

昨日はまたまたリリーフが炎上して3連敗してしまったカープですが、オープン戦最終戦の今日はきっちり勝ちで締めくくることができました。

スコアを見ていて思わず「おお!」と声をあげたのは3回の攻撃。
3 回 表
赤松     レフトフェンス直撃の2ベースヒット            ノーアウト2塁
        盗塁成功                           ノーアウト3塁
梵       ライトへ犠飛                        1アウトランナーなし
アレックス  ショート内野安打                     1アウトランナー1塁
栗原     ライト前ヒット                        1アウト1塁2塁
        ダブルスチール成功                   1アウト2塁3塁
シーボル   空振り三振                        2アウト2塁3塁
緒方     センターフェンス直撃の2点タイムリー2ベースヒット 2アウト2塁
石原     サードゴロ                         3アウト 
                      RCCスコアより
盗塁3つを絡めた攻撃もさることながら、緒方の好調さは凄いですね。6回にはホームランも打って今日3打点。怪我の影響で出遅れてもきっちり開幕までに仕上げてくるあたりはさすがベテラン。開幕スタメンも見えてきましたが、マーティの決断はいかに。
倉と石原のキャッチャー争いは石原優勢でしょうか。去年も大竹と石原が組むことが多かったので、開幕キャッチャーは石原と予想します。

ここのところ不調のリリーフとは逆に好調を維持しているのが先発陣。今日はルイスが毎回ヒットを打たれながらも5回無失点、長谷川は4回1失点。6番手が誰になるか、ローテーションの順番はどうなるかといったことははっきりしませんが、スタッフは揃いました。

開幕まであと5日。待ち遠しいような怖いような、落ち着かない気分です。


春の甲子園2日目の今日第2試合に下関商業が登場しました。
序盤から履正社の緻密な野球に翻弄されて8回が終わった時点で0-2。しかし9回の表、ソロホームラン2本という信じられない攻撃で追いつきます。秋の大会でサヨナラ勝ちを連発した下商の真骨頂といったところでしょうか。ところが延長に突入した10回の裏、センターがフライを落球してサヨナラ負け。
良くも悪くもドラマティックな試合でした。
山口県勢2校目の華稜高校は26日に登場です。                          


中継ぎ陣に暗雲? 対中日2-3

永川は2軍降格になりました。フォーム、癖などの課題を徹底的に洗い直して、できるだけ早く戻ってきてほしいものです。

永川が欠けたリリーフ陣が今日はイマイチでした。6回にマエケンの後を受けて登板した青木勇人は3連打を浴び、青木をリリーフした佐竹も左の立浪に押し出しのフォアボール。かなり不安を残す内容となってしまいました。
明るい材料はマエケンの好投。今日は球数が多く、6回に失点した時点で降板となってしまいましたが、十分合格に値する内容で、開幕ローテ入りはほぼ間違いないでしょう。

今日の試合が終わった時点でのピッチャー開幕メンバー候補。
先発ローテーションは大竹、ルイス、長谷川、宮崎、前田健の5人がほぼ確定、残りの一枠を高橋と青木高が争う。中継ぎの右は横山、林、岸本、左は広池、先発候補の左腕のどちらかが確定で、佐竹と青木勇が残り一枠争い。抑えにコズロースキーといったところでしょうか。
だんだん消去法のようになってきつつあるのが恐ろしいですが、開幕までいい調整ができることを祈りましょう。

野手のほうではシーボルがここのところ存在感を発揮しています。今日もタイムリーを放ち、オープン戦の打率が3割に乗りました。キャンプから疑い半分で見てました。ごめんなさい。


春の甲子園いよいよ開幕です。野球の季節、いいですね。

古本屋巡りの夢

親の本棚から引っぱり出してきた小説が旧字体ばかりで読みにくかったので、ちらっと奥付を見てみたら昭和22年に発行された本でした。日本国憲法が施行された年だから、61年前。古いなぁ。スピン(紐しおり)も見事に切れています。新潮文庫なのですが、定価110圓。検印もついてます。親が古本屋で買ったと思われるのですが、裏表紙に鉛筆で書かれた価格は120円。昔の物価を実感しました。
もう絶版になったような本や古びた本が好きで、大学生になったら古本屋に入り浸るのが夢でした。京都や東京の古書店街を一日歩き回って、袋いっぱいに安い古本を詰め込んで、ひたすら読みまくりたかったのです。もちろん諦めたわけじゃないけど、叶うのはいつのことになるやら。寝たきり状態は脱しましたが、まだ体は思うように動きません。この病気はここからが長いらしいので(よくて3,4年、運が悪ければ数十年)、しばらくはアマゾンで我慢しなければならないようです。

永川・・・ 対阪神4-5

ちょっとボケッとしてる間にパ・リーグ開幕です。今日は日ハム対ロッテ戦観ましたが、パ・リーグの予習をあまりしていなかったので、日ハムの糸井が開幕スタメンだったのにびっくり。パ・リーグではロッテと楽天を応援しております。両方負けたけど。

カープのオープン戦はウチのケーブルテレビでは映らなかったので速報でチェック。
先発争い当落線上の高橋建さんと青木高広が一応結果出しましたね。建さんの一発病が健在なのは気になりますが。ペローンも後がない状況だっただけに一安心といったところでしょうか。打者ではシーボル、天谷、赤松、石原といったあたりが結果出してますね。残塁多いのは要反省。

で、今日の本題ですが、やはり永川。1点リードの9回表に登板して、ヒット、ワイルドピッチ、フォアボール等々連発して2失点した挙げ句に満塁で降板。今まではなんとか調整してきてくれることに望みをかけていましたが、かなり厳しくなってきました。開幕からしばらくはコズロースキーに抑えを任さざるを得ないでしょう。永川の不安定さはおそらく精神的なところから来るものでしょうから、このまま一軍において中継ぎに回すよりは、ミニキャンプでも張って走り込みと投げ込みで一から立て直す方が近道だと思います。今のところ中継ぎ陣はいい競争をしているので、頭数もいますし。
もう一度、カープの守護神として君臨してくれる日が来るのを待っています。



古今集を制覇せよ 中間報告その1

古今集の歌を全て覚えてしまえという何の役にも立たないプロジェクト。
暇というのは恐ろしいもので、一日10首のペースを維持、昨日100首に到達しました。といってもまだ全体の10分の1にも満たないのですが。今まで覚えた100首は全て春の歌。季節の流れにそって部立てされているので、旧暦の1~2月の様子が詠まれています。年が明け、霞が立ち、梅が咲き、散り、桜が咲いて散る。千年以上前から同じように季節はめぐっているんだな、ということを実感しています。

今までで一番のお気に入り
うつせみの世にもにたるか花ざくら さくとみしまにかつちりにけり

身につまされた一首
たれこめて春のゆくへもしらぬまに まちし櫻もうつろひにけり

大竹開幕投手決定!?対オリックス3-0

今日も勝ちました!勝つことを当たり前のように感じ始めている自分が嬉しいような恐いような。

先発の大竹は5回61球3安打無失点。3回まではパーフェクト、4,5回はピンチを招くも打たせて取るピッチングで得点を許しませんでした。試合後マーティーの口からも開幕投手確定を匂わせる発言が出たそうで、ほぼ間違いないでしょう。黒田が抜け、最悪の場合は消去法で決まるかとも思われた開幕投手ですが、大竹は自らの力でその座を手中にしようとしています。開幕戦が不動のエース・大竹への道の第一歩となるのでしょうか。

中継ぎ陣も相変わらず好調をキープしてます。特に広池はここのところ凄いですね。ブログを見ても、しっかりとした考えを持って野球に取り組んでいるのが伝わってきて、人間的にもすごい選手なんだなと思います。3点リードの9回にはコズロースキーが登板。個人的に今シーズン一番やってくれると思っている選手なのですが、永川とダブルストッパーになるのでしょうか。

今日も3得点のうちタイムリーによるものは1点だけ。特に4回はセカンドランナーの前田が喜田剛のセンターフライで3塁に進んでいたから、倉のゲッツー崩れで得点できた。1試合に1点でもこういう形で得点の上積みができるといいですね。キャンプから調子が上がらず、ファンをやきもきさせていたシーボルは2安打。ここのところコンスタントにヒットも出ています。本人曰くスロースターターだそうで、本領発揮はもう少し後になるかもしれません。最後に東出。ノーヒットだったのはしょうがないとして、バント失敗した(らしい、見てないのでスコアから推測)のはいただけません。守備と小技をきちんとした上でのバッティングの進化でなくては意味がないので、次はしっかり決めて欲しいです。

ひょっとして・・・首位?対オリックス5-1

なんか気付いたらオープン戦首位ですよ、首位。ふふふふ、いい響き。
たかがオープン戦じゃないかとか、試合数が違いすぎるとかいうつっこみはナシでお願いします。勝率0.714、防御率2.47。ああ、シーズン中にもこんな数字にお目に掛かりたいものです。

今日の試合はスコアチェックしかしてないのですが、いい試合じゃないですか。中山が自滅した感はありますが、栗原の一発とマエケンの好投は嬉しい限り。マエケン1,2回にランナー背負っても無失点はいいですね。投げるごとに成長しているのがはっきり分かるのが大物の器を感じさせます。中継ぎ陣も紅白戦だと打たれてもオープン戦だと結果出しますね。唯一の失点は横山ですが、まあ問題ないでしょう。ありゃ、赤松が2つ盗塁失敗してますね。7回のは三振ゲッツーなのかな?積極的に走るのは大いに結構だけど、バレバレだっつーの!!というタイミングに仕掛けるのはやめましょうね。

いつの間にかパ・リーグの開幕が来週に迫ってきました。甲子園も22日開幕。いよいよ球春到来です。甲子園にはわが山口県からは下関商業と華稜の2校が出場するので応援のしがいがあります。初戦の相手は履正社と慶應。いきなり強豪ですが、楽しみです。頑張れ!

東出3年ぶりのHR!(ただし紅白戦)

はい、まずは深呼吸。すー、はー。
やっと落ち着きました。あ、ただ東出が紅白戦でホームラン打っただけなんですけど。ライトの中段に放り込んだのをさっきニュースで見て、かなり取り乱しております。

東出のホームラン見たのは2005年の7月17日、甲子園球場の阪神戦で、0-0の10回表、それまで無失点だった安藤から右中間に放った決勝ソロホームラン以来です。あのとき2階でラジオ聴いてて、興奮のあまり階段転げ落ちたんだよなぁ・・・・
2006年、2007年と規定打席に到達するもホームランは0。長距離バッターじゃないから問題はないのですが、非力ゆえに相手になめられている感は否めませんでした。
もともとパワーが無いわけではないので、打撃改造が順調にいっている今年は5本くらい打ってくれると嬉しいです。

今日は喜田がサードに入って、無難に守備をこなしたそうで。シーボルと喜田を調子やピッチャーの左右によって使い分けられればいいですね。今の喜田のバッティングは捨てておくには惜しすぎます。もう一人のサード候補の佳紀はもう少し守備を何とかしないと厳しいです(東出エラー王時代からファンやってる私が言うセリフじゃないけど)。

紅白戦だと誰が打っても抑えても素直に喜べないので困りますね。週末のオープン戦もテレビ中継なさそうだし、つまんないなー。

紅白戦とポスターと

対外試合ではなかなか安定した戦いを見せる我らがカープですが、紅白戦になると緊張感が足りないのか、荒れる試合が多いです。特に昨日紅組の第3イニングの守備が恐ろしくひどかったようで。
ピッチャーは永川。先頭の天谷にフォアボール、送りバントを栗原がお手玉、牽制悪送球、木村の落球、喜田のタイムリーの中継で梵が悪送球(この時点でまだノーアウト)、鞘師のセンターフライでようやくワンアウト取ったところで打ち切り。
ああ、キーボード打つ手が震えてきました。シーズン中にこんなの見せられたら、いくら辛抱強いカープファンでも怒りますよ。守乱だけはホントにホントに勘弁してください。


(ごく一部で)話題騒然、カープの市民球場開幕戦プレゼントポスター。
ポスター

モチーフは“最後の晩餐”ユダはどいつだ
選手たちのシュールなポーズもさることながら、右上のモナリザに大爆笑。松山おいしすぎるぞ。
赤ふん、マエコレと我々の度肝を抜き続けてきたカープの本領発揮です。
このポスターマジで欲しいです。前田の2000本ポスター配布の時はまだ元気だったので、塾帰りに市民球場に出動してゲットしましたが、今回は父親あたりを焚きつけてもらってきてもらおうと思います。

古今集を制覇せよ

脳の機能低下を防止するためには、好きなことを覚えるといいという話を聞きまして、考えたのが「古今集を制覇せよ」。要するに古今和歌集に収められている短歌、長歌、旋頭歌1,111首を丸暗記してしまえ、という計画です。
本当は万葉集でやりたかったのですが、五千首以上というボリュームと長歌の多さに怖じ気づいて断念。千首ちょっとの古今なら半年程度でなんとかなるかな、と思っています。現在開始五日目で60首。雑事に気が散らないせいか、集中してサクサク覚えられて楽しいです。
しかし、相撲見ながら仕切の間にぶつぶつ和歌を唱える19歳ってかなり異様ですね (ノ∀`)

スポーツごった煮メインはカープ

パソコンいじる体力は戻りました。しかし、鼻と舌がやられてしまったらしく、昨日から匂いと味がほとんど認識できません。風邪と花粉症による一時的なものだといいのですが、長引くと困ります。

自分の体はボロボロでも、鍛え抜かれた精鋭の技と力に感動するのはスポーツ観戦者の性。この土日も、ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ、名古屋国際女子マラソン、大相撲春場所、面白かったです。頭がわれそうに痛んでいても、「右ストレート入ったー!」とか、「張り差し決まったー!!」とか叫ぶ瞬間には忘れます。

メインはもちろんカープ。土日に福岡、尾道でソフトバンク戦を行い、3-2、6-1で連勝!以下気付いたことの順不同箇条書き。
・天谷がすごい。天谷が前田のポジションを脅かすなんて想像したこともなかったけど、かなり可能性高いです。足が速いってものすごい武器ですね。
・ルイス順調。それなりに日本野球にアジャストしているようで安心。ピンチになってもガタガタ崩れないのは頼もしいです。
・マエケン進化。前回の反省を生かせていたようです。去年の青木高広もそうですが、見つかった課 題をいかに修正するかが一軍に残れるかどうかのポイント。もう1回登板機会があると思いますが、そこでのアピールが大事ですね。でも宮崎にも頑張ってほしい。う~ん複雑・・・
・緒方健在。勝負強さはさすがです。去年の終盤、チャンスで出てきてはゲッツー、というパターンが多かったけど、あのバッティングはまだまだ頼りになります。
・中継ぎ大激戦。それぞれが結果を出してるだけに悩みますね。調子を見ながら上手く入れ替えられたらいいのですが。
・永川がよく分からない。前回の登板から一転、土曜日は早めに追い込むピッチング。今度こそ制球が安定してきたのか・・・な・・・?
・機動力野球爆発。オープン戦6試合で未だホームランなし。でも4勝2敗。土曜日の試合で見せたフォアボール→バント→内野ゴロの間に3塁へ→ワイルドピッチで得点、の必殺ノーヒット攻撃。ソロホームランでも、3連打でも、ノーヒットでも1点は1点。この野球スタイル、面白いです。


 

めでたいニュース

体が起こせないので携帯から更新。風邪がぶり返したか、病気が悪化したか、定かではないのですがかなり参ってます。

そんな中、めでたいニュースがありました。東出に長女誕生!
東出もついに父親になったんだな、と思うと、不遇時代に由宇まで様子を見に行っていたファンとして感無量です。

本人も「小学校の先生になりたかった」というほどの子ども好きですから、今シーズンに向けて今まで以上に気合いが入ったと思います。

おめでとう!頑張れ!

機動力野球の課題 対阪神3-7

月に2回は 風邪ひいて寝込む こんな生活もういやじゃ~。・゚・(ノД`)・゚・。
        ↑緒方の応援歌のメロディーで。

やや体調持ち直しました。昨日の試合の感想をば。

先発は大竹。初回制球が定まらずに連打を浴び、新井は三振ゲッツーにしとめたものの、続く金本に甘く入ったストレートを運ばれて2失点。3回にはしっかり指に掛かった球がいっていただけに、立ち上がりの悪さが課題です。
長谷川、青木勇、横山が投げてた時は頭痛がひどくて記憶が飛んでいるのですが、横山がものすごくかわいそうだったことはぼんやり覚えています。
前回そこそこのピッチングを見せてくれた永川ですが、昨日は相変わらずヒヤヒヤでした。連打、ボール先行。何とか無失点に抑えたものの、かなり不安の残る内容。もうしばらく信じて見守るしかなさそうです。最近スライダーを試しているようですが、有効な武器になるんでしょうか。

攻撃面では3回のせこい隙のない走塁が素晴らしかった。足で得点を作り出すことができるのを実感しました。

一方で、細かく得点を積み上げる野球は、長打、連打、味方のミスの前には無力であることを痛感させられた試合でもありました。投手力と守備力が何よりも大事になってきます。

最後に新井について。去年のFA宣言の記者会見にショックを受けて以来、正視する自信がなくて新井に関するニュースはことごとく避けてきました。昨日もテレビを点けるまで、またあの悲しさが蘇ってくるんじゃないかという不安がありました。しかし、実際に見てみるとそれほど心を乱されることもなく、今の私にとって大事なのはカープのユニフォームを着ている選手で、他球団に行った選手じゃない、と思うことができました。多少の屈託は残るでしょうが、今後はただの敵チームの選手として見ることができそうで安堵しています。

野球のスタイル 対巨人5-1

雨の市民球場で行われた今日の試合。選手の皆さん、観戦に行かれた熱心なファンの皆さん、お疲れ様でした。

今日の先発はルイス。ストレートの力には目を見張るものがあります。球速は140キロ台前半ですが、ラミレスが振り遅れて3球三振に倒れるほどの威力でした。
気になったのはセットポジションに入ってから。前回の登板と同様ボーク(今日は2つ)をとられました。
今日は3回1失点。もう少し日本の野球に慣れれば、かなり頼れる存在になりそうです。

攻撃面では喜田剛。ライトへレフトへ2本のタイムリーツーベースで3打点。解説の達川さん曰く、「読みも振りも素晴らしい」。前から言っていた長打を追求する打撃が結実してきているようです。
5回にアレックスの犠打でホームに突入した際、阿部と交錯してしまいました。喜田は無事でしたが、阿部は負傷退場。大事に至らなければよいのですが。

今日の試合を見ていて感じたのが、カープと巨人の野球スタイルの違い。カープは戦力が薄いため、とにかくポジションごとに競わせて、一つでも先の塁を狙い、確実にアウトを取りに行く野球を追求しています。巨人はため息が出るような巨大戦力を持っているために競争意識が薄い。今日出場していた若手選手も、途中から集中が切れかけていたように思いました。
同じ野球をして勝てる相手ではないことは明白だから、違うスタイルで対抗するしかない。そのためには今まで以上の一球への意識が重要です。このスタイルを極めた先に、カープの光が待っています。


《以下私事》
母から見事に風邪うつりました。熱出た方が頭がすっきりするのはなぜでしょうか?

春の足音と非常事態

梅津の誕生日、もとい桃の節句です。
ちなみに私の誕生日は元カープの鶴田や楽天のカツノリと同じです。鶴田さんお元気でしょうか。

春です。月並みだけど花粉症つらいです。なんで引きこもってるのに花粉症になるのだ!?
動物性タンパク質摂らないようにしたりしてますが、頭の中に綿を詰め込まれたような感覚が抜けず、だるいです。
そんな中非常事態発生!母が8度5分の熱出して寝込みました。明朝起き上がれないようだったら私が最低限の家事しなくちゃならないので、オープン戦始まる前にガス欠起こす可能性大。

まぁなんとか頑張ります。

マエケンへの授業料 対西武5-6

オープン戦とは思えないような白熱した試合でした。今日集中して見れたのは2回まで。後は寝たり起きたりしながらなんとか展開だけは追っていました。さすがに最終回は盛り上がりましたが。

先発の前田健太はいい経験になったんじゃないでしょうか。甘くなった球をブラゼルにライトへ完璧に運ばれて、立ち直れないままに1,2回で6失点。緊張と動揺で腕がちぢこまってしまい、自慢のストレートのはしりもイマイチ、決め球が甘く入る。途中で修正できなかったのは少し残念ですが、これを教訓にしてもう一回り大きく育ってほしいです。

攻撃陣では天谷。光ってました。このままの調子を維持できれば、開幕スタメン十分あり得ます。

ここのところ心配でしょうがなかった永川ですが、今日見た限りではそんなに悪くないですね。ストレートにも威力ありましたし、変化球もそこそこ決まってました。永川が抑えとして君臨してくれれば、横山、コズロースキーを左右のセットアッパーとして使えるので、ぜひぜひ頑張ってほしいです。

9回裏の攻撃はオープン戦らしからぬ盛り上がりぶり。緒方のヒットと栗原の堅実な右方向、前田の粘りに感動です。あ~、あのファール惜しかったな・・・

梅さけど

大学入試の前期試験も終わって一段落ついたので、浪人仲間が遊びに来てくれました。
4月になったらみんな地元を離れてくんだな、と思うと、久方ぶりに楽しく話した後だけに寂しさもひとしおです。

もともとは一人でも大丈夫なほうなのですが、発病して以来、先の見えない不安も手伝ってか、ふと寂しくてどうしようもなくなるときがあります。

   
    梅さけど鶯なけどひとり哉     一茶


この句が頭から離れないのです。暗いなぁ・・・(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。