スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終盤の粘り 対巨人5回戦4-3

ヒヤヒヤものの勝利です。

赤松の2試合連続(!)先頭バッターホームランと2回の前田のソロホームランで2点を先行したものの、それ以降はランナーは出ても進められず、ホームへ帰せずのおなじみの展開。
コズロースキーが亀井に逆転ツーランをくらった時点でもう半分以上負けた気になってました。
ただ、今日はここから粘った。8回、東出のある意味結果オーライ&ラッキーなタイムリーツーベースで同点。9回にはシーボルのしぶといタイムリーで勝ち越し。永川が8,9回を締めてなんとか勝利をもぎ取りました。

勝ったとはいえ課題は残ったままです。なにより7回途中1失点の大竹に勝ちを付けられなかった。7回までヒット10本打ちながら、ソロホームラン2本で2点はいただけません。一つでも先の塁を狙う姿勢が全くなかったわけでありませんが、どうしてもちぐはぐな印象を持ってしまいます。送るところは確実に送る、勝負所ではきっちりカードを切る、が今日もできませんでした。

収穫は永川の好投。8回、先頭にフォアボールは出しましたが、それ以降はきちんと抑えました。ストレート、フォークとも絶好調とまではいかないまでもかなり戻ってきているようで一安心です。

今日はBShiで見ていたのですが、解説の大島さんが「カープが勝てないのは後ろのピッチャーが不安定だから」と言っていました・・・。この前与田さんも同じようなこと言ってましたが、まともにカープの試合見ていないのがバレバレですね。


スポンサーサイト

勝ちにこだわる戦いが観たい 対巨人4回戦2-3

小窪、赤松と若い力が躍動しました。でも、勝てなかった。
かえすがえすも残念なのは5回の攻撃。石原のフォアボールと小窪のプロ初ヒットのツーベースでワンアウト2,3塁のチャンス。ここでピッチャーの長谷川はそのまま打席へ。得点不足に悩むチームが1点ビハインドの場面で、決して調子がよかった訳ではない長谷川をあと2イニングほど引っ張るためにワンアウトを献上しようというのはあまりに消極的すぎるように思います。何が何でも勝ってやる、という執念を見せてほしかったです。

好材料は小窪と赤松。初スタメンの小窪は5回のツーベースに続いて7回には同点に追いつくタイムリーヒット。走塁にもセンスを感じました。守備でも2回にセンター前に抜けそうな当たりをファインプレー。赤松も先頭打者ホームランにフェンス際の超ファインプレー。天谷との1,2番がうまくはまれば本当に面白いことになりそうです。

勝てないチームが流れを変えるためには、とにかくできることを死に物狂いでやっていくしかないと思います。そんな姿勢が欠けているのが一番の問題点なのかもしれません。

半年経って

発病して自宅療養を余儀なくされてから、約半年が過ぎました。
一日に17~18時間は横になっている生活にも、かなり機能が落ちてしまった体と頭にも大分慣れて、精神的には安定しています。
ただ、強烈な喪失感に襲われることが少なくなった反面、これ以上悪化しないように、無理をしないようにとぼんやり無感動にその日その日をやり過ごす、一種の諦めのようなものが芽生えてきたのも事実です。病気との闘い方すら分からない状況に疲れてしまったのかもしれません。
いろいろな病院や薬局に行きましたが、特に異常はないからと話も聞いてもらえなかったり、それは病気ではないと言われたり、合わない薬を大量に処方されてかえって悪化してしまったり。今は漢方薬を飲みながら唯一検査で引っかかった貧血を改善する治療をしていますが、あまり体調に変化は見られません。

元気になりたいという思いに変わりはありませんし、いつかは治ると信じてもいます。ただ、そのための手掛かりすらつかめない状況で、一日でも早く元気になってやる、という気概を初めと変わらず持ち続けられるほど強い人間ではなかったようです。


貧打貧打  対横浜6回戦1-3

1回表、カープは赤松を2塁において4番栗原がライト線に落ちるタイムリーヒットで1点を先制。以上、今日のカープの全得点でした。

打てません。悲しいくらいに点が入りません。横浜先発のルーキー小林もいいピッチングでしたが、6回のようにノーアウトで出たランナーを全く進められずに、ことごとくフライアウトではお話になりません。赤松がいい仕事をしただけに、つながりのなさがますます残念です。

今日初先発の青木高は5回0/3を2失点。頑張ったほうだと思います。

開幕してほぼ1ヶ月、投手陣が好調なうちに得点力を上げないと、交流戦で去年の悲劇が繰り返されてしまいます。この貧打は打順の組み方以前の問題のような気もしますが、もう少し信じて見守ってみようと思います。

マーティー退場試合不敗神話継続中 対横浜5回戦2-1

守備妨害、マーティー退場、肉体的援助、ボーク、振り逃げ、エラーにフィルダースチョイス。両チームミス連発で、ある意味エキサイティングな心臓に悪い試合でした。

序盤は建さんと三浦の投手戦。試合開始1時間で5回表まで進行していたので、「今日も早く終わりそうだな」と思いましたが、甘かった。5回裏、横浜は吉村と三浦のバント失敗でヒット2本とシーボルのエラーがあったにも関わらず無得点。これがケチのつき始め。

7回表にノーアウトランナー1,2塁でバッター前田。初球、バントの構えで低めのボール球を見送るも、球審は空振りの判定。ここで前田以上にマーティー激怒。かみつかんばかりの勢いで球審にまくし立て、退場を宣告されると去年に続いてのベース埋め(ネタ切れかな・・・)。帽子を放り投げて去っていきました。半分は演技だと思いますが、相変わらずの抗議っぷりにめちゃくちゃ笑ってしまいました。その後前田がヒットで続いてノーアウト満塁。続くシーボルが右中間にヒットを放ちますが、フライを警戒していたランナーのスタートが遅れ、バッターランナーのシーボルは1,2塁間でタッチアウト。そしてセカンドランナーだった栗原が3塁ベースを回るのを止めたとき、高コーチが栗原に触れてこれもアウト。ヒットでダブルプレーという珍事で結局この回は1点止まり。

建さんは苦しみながらも何とか7回を無失点で抑えきり、8回表には緒方のタイムリーで追加点。リリーフで逃げ切りをはかりますが、そうすんなりとは行きません。コズロースキーは2アウトを取った後ボークがからんだヒット2本で1点を失い、振り逃げで1,3塁にしたところで降板。横山が粘る横浜の攻撃を何とか抑えてぎりぎりで勝ちを拾いました。

横浜とカープは悲しくなるくらい同じような野球をしてますね。どちらかがきちんとミスのない試合運びをしていれば、まったくもつれることもなかったでしょう。2-1というスコア以上にハチャメチャな試合でした。とにかく勝てて良かった。建さんは3連勝。ちゃんと試合を作ってくれるので、本当にありがたいです。

リブジーコーチの采配もなかなかよかったと思います。8回の代打策とか。キムショー初ヒット、小窪初出場おめでとう!



頑張れ野手陣 対横浜4回戦2-3

なんだかすっきりしない試合でした。またチャンスでタイムリーがでない展開で、得点は栗原と天谷のソロホームランのみ。
1点リードの7回裏もノーアウト1、3塁の場面で中間守備だったにも関わらず梵がショートゴロを本塁に送球してフィルダースチョイス。タイムリーなしでの逆転につながるプレーになってしまいました。

村田の再三のファインプレーもありましたが、今日も力投したルイスを援護できないようでは5割は遠い。ようやく栗原が本調子になってきたようなので、そろそろ野手が投手を楽にしてあげる試合が見たいです。


祝!大竹初勝利  対ヤクルト3回戦5-3

大竹に初勝利がつきました!内容はひとまず措くとして、開幕からの何とも言えない空気がようやく晴れてよかったよかった。

初回に相手のミスにつけ込んでしっかり点を取れたのが大きかったですね。シーボルよくやった。3回に栗原のタイムリーで2点追加、5回にもシーボルのタイムリーで中押し。今日は打線が比較的良くつながっていたと思います。
大竹も押し出しフォアボールなどいただけないところもありましたが、立ち上がりはきちんとゲームを作りましたし、今日は野手に今までの貸しを返してもらったということでいいんじゃないでしょうか。次回からも期待です。
そして、7回永川、8回コズロースキー、9回梅津、横山のリレー。永川はストレートがよかったし、コズロースキーは文句なし。梅津が宮本にぶつけてしまったところでさっと横山に代えたのはいい判断だったと思います。一人一人に足りないところはあるけれど、補い合って確実に勝ちを拾いにいく。このスタイルは結構好きです。

みんなが待ってた松山のプロ初打席が5回にありました。セカンドゴロに倒れましたが、初球からしっかり振っていったその意気や良し。守備の問題もあってすぐにスタメン起用というわけにはいかないかもしれませんが、思いきりのいいバッティングでチームにいい風を吹き込んでほしいです。

そして私が個人的に大満足、東出猛打賞(ツーベース含む)、3得点。内容も素晴らしい。レフトへ上手く流す、低い球を拾ってセンター前、おもいっきり引っ張ってライト線。常にこのバッティングができたら相手チームにとっては脅威ですよ。ああニヤニヤがとまらない。



≪どうでもいい個人的な話≫
父退院。
家の近所に今度は安倍前総理出没。自民と民主と公明の主要メンバーが入れ替わり立ち替わりやって来ています。出口調査のバイトの話がきたのですが、体力0なのでもちろんパス。日給いいからやりたかったんだけどね・・・


漫画に開眼

今日も雨で中止です。4月だけで中止が4つ。秋が大変そうです。

野球ネタがないので漫画の話。
学校や予備校に行っててそれなりに忙しかった頃は、余暇のほとんどを野球と読書に費やしていました。しかし、発病してからいつ果てるともしらない暇つぶしを強いられて、それまでは借りて読む程度だった漫画におもいっきりハマってしまいました。今では本と漫画にかける時間がほぼ1:1になってます。
新刊も買いますが、だいたいは家から車で10分のほぼ漫画専門の古本屋で1冊100円ちょっとのものを一気に買います。杖をついて歩くのがやっとなので、大量の漫画は「好きなの1冊買ってやるから」という条件で全て妹に運んでもらいます。すまぬ、妹よ。
そんなこんなで今年に入って買った漫画を数えてみたら87冊。遠からず本棚が決壊するのは目に見えているので、何か手を打たないといけません。

一番好きな漫画は「HUNTER×HUNTER」。ストーリー以上にまともに掲載されるかどうかが気になる作品ですが、カープの応援で培った明るく忍耐強い心で新刊発売を待ち続けています。

力負け  対ヤクルト2回戦1-8

今年の石川はいいですねぇ~。今のカープの「下手な鉄砲も数打ちゃ当たるかもしれない打線」が打ち崩せる相手じゃありませんでした。
となれば前回石川に勝った時のようにピッチャーが抑え込むしかないのですが、長谷川は立ち上がりからフォアボールで崩れて2失点。途中立ち直りかけましたが、6回にまた3失点。勝負が決まってしまいました。
やっぱり5割以上のチームは戦い方が甘くないです。

今日は梵がスタメンを外れ、ベンチにもいなかったようで。体調不良かもしれないということなので、巨人戦での交代とは無関係だと思いますが、どちらにせよ気になります。

6月7日に

市民球場ベンチツアーに行ってきます。ベンチツアーは年間指定席購入者への特典で、私のような月イチ自由席派のファンには本来高嶺の花なのですが、「闘病には前向きな気持ちが大切だから」と招待状を譲ってくださった方がいるのです。

去年の佐々岡引退試合以来の市民球場。球場正面まで車、杖と親の介助付きという形になると思いますが、あこがれの市民球場のベンチに入ったり、選手の練習を間近に見たりできるそうです。体力が保つようであれば午後からのオリックス戦も観戦したいな~、と早くも妄想爆発です。


現在私は不調(寝たきり)と好調(座っていても平気)の間を約1ヶ月周期で往復しています(ちなみに今は不調から好調へシフトしている途中)。6月7日までの1ヶ月半の間に少しでも不調の底を上げて好調を維持できるようにすること。頑張ります、と言いたいところですが頑張ったら倒れるのでそこそこ頑張ります。



全然関係ない話ですが、今地元で衆議院補選バトルが佳境です。昨日は駅前に福田総理が、家のすぐ近所にさくらパパが出没したとか。先週は母が民主党の鳩山さんを見かけたとか言ってました。皆さんこんな田舎までわざわざご苦労様です。

とにかく勝ったぞ!! 対巨人3回戦5-4

かなりヒヤヒヤしましたが、連勝です!ルイスはほんとに頼りになります。初回小笠原に2ラン打たれたときは「ありゃ!?」と思いましたが、2回以降はノーヒット。ストレートは速い、変化球は切れる、コントロールもばっちり。中4日でこんなピッチングしてくれるピッチャー見つけてくるなんて、カープの渉外スカウトに感謝感謝です。

序盤は明らかに調子の悪い上原を打ちあぐねていましたが、5回に一挙3得点。チャンスで普通にタイムリーが出るのがこんなに嬉しいことだとは・・・石原がまた猛打モードに入ってきました。

横山の乱調やバントの処理ミスはありましたが、今日はいいプレーが多かった。天谷のフェンスに顔面激突キャッチ、東出のジャンピングスロー、前田のライナー好捕。特に5回表の天谷と東出の好守が裏の得点につながったといってもいいでしょう。

そして最終回に登板したのは梅津。永川も一応スタンバイはしていたそうですが、しばらくは横山、今日小笠原と高橋由伸を見事に抑えたコズロースキー、梅津、永川を8,9回にスクランブルで投げさせる体制を取るのでしょうか。1人に任せるのに不安が残るうちはこれでいいんじゃないかな、と個人的には思います。


よそのチームをうんぬんできる立場じゃないですが、巨人はなかなか深刻ですね。このカード勝ち越せたのも、カープが良かったというよりは巨人の調子がカープの調子を下回った結果、という感じがします。上原も全く精彩がない。オリンピックは大丈夫でしょうか?ケガをしているのでなければいいのですが。

古今集を制覇せよ 中間報告その2

体調不良による中断を挟みながらもじりじり進行している古今和歌集まる覚えプロジェクト。220首を突破して、現在第4巻秋の上です。

天河もみぢをはしにわたせばや たなばたつめの秋をしもまつ     詠み人しらず

俳句でも七夕は秋の季語ですが、本来七夕は空の澄む初秋の行事なんですね。今の感覚で言えばもみじと七夕が同じ歌に詠まれるなんてあり得ないですが。現在の7月7日はまだ梅雨時。きれいな夜空、といかないときも多いです。

お見事!建さん 対巨人2回戦1-0

建さんばんざーい!102球の完封勝利です。
序盤からストライク先行のピッチング。ピンチもダブルプレーで切り抜け、自らも2つのファインプレー。いや~、すばらしい。39歳にして進化しています。ヒーローインタビューもやたらに初々しかったですし(笑)

しかしヒット11本打って完封負けすることもあれば、ヒット3本で勝つこともあるんですね(去年1安打で勝った試合もあったっけ)。今日もシーボルのホームランのみでタイムリー欠乏症は相変わらずですが、勝ったことで流れが良くなればいいですね。

どうしてもかみ合わない 対巨人1回戦1-5

久しぶりの試合感想ですが、ここのところのかみ合わない試合をまたやってしまいました。
ピンチの時にミスをしない、チャンスはきちんとものにする。これができなければ勝てません。
序盤は低調な両チームらしく、巨人はことごとくチャンスを逃し、カープはちぐはぐな攻撃に終始していましたが、天谷のエラーで流れが変わってしまった。連携のことはよく分かりませんが、少し気をつけていれば防げたミスでしょうから、なんともやりきれません。
ここのところヒットが出るようになった栗原に待望の初タイムリーが生まれましたが、2点ビハインドの6回の打席で見逃しの3球三振。まだ完全復調とはいかないようです。
大竹はヒットを打たれながら何とか粘っていました。しかし、6回に見せた気迫の走塁に野手陣が応えられなかった。まだ勝ち星なしはかなり足を引っ張られている結果なので、はやく何とかしてあげたいのですが。

とにかく頑張れ野手陣!!

あ、永川が今のところ大丈夫そうで安心しました。

お久しぶりです

やっと熱が下がりました。
父がアキレス腱を切ってしまって昨日が手術、しばらく入院。今日お見舞いに行ってきました。
5日前、病院からでっかいギブスと松葉杖で帰ってきた父に対して「前田様と同じケガだ!」と発言したカープバカの娘。こんな子どもでごめんなさい。

カープの方はなかなか・・・う~ん。相変わらずのタイムリー欠乏症で歯がゆいです。ルイスはすごかった。とにかく市民球場で仕切り直し!がんばるぞ!

@携帯

ここのところかなり体調が思わしくなく、半寝たきり状態が続いてます。カープの試合も見るだけは見ていますが、集中して試合を見る・座ってパソコンをいじる、という作業がかなり困難なため、しばらくはかなり調子のいい日しか試合の感想をアップできないと思います。
少し元気になったら毎試合更新ペースに戻すつもりですが、それがいつになるかは分からないので、気長に付き合っていただけると嬉しいです。

カープ3連勝で機嫌はすこぶるいいのですが、体がついてこないのが悔しい限り。

今日も勝てますように。

とりあえず復活

発熱・悪寒・全身衰弱のトライアタックに撃沈しておりました。
その間カープはサヨナラ・17得点の2連勝。
開幕してからしばらくは比較的調子がよかったので、一球ごとにスコア付けながら気合い入れて観てました。その間の戦績3敗1分。それからやや体調を崩し、横になりながら観ていた間の戦績1勝1敗。そしてブログの更新ができないほどに衰弱していたここ数日の戦績2勝。調子が悪いとサヨナラ勝ちしても大勝ちしてもはしゃげないのでつまらんです。

今日はヤクルト戦中止。明日からもいい流れが続きますように。

あ、サヨナラ勝ちした試合を父が観に行っていたので、最後の晩餐ポスター(参照)ゲットできました。どこに貼ろうか検討中です。

小さなミスが命とり 対横浜1回戦1-2

いい試合でした。それだけにミスが痛かった。
失点した8回、1アウトランナー1塁から仁志の打球はピッチャーゴロ。大竹の送球もややそれましたが、セカンドベースカバーの梵がファーストへ暴投。金城にタイムリーを打たれ、続く村田の打球をシーボルがこぼし、あわてて送球して暴投、1塁3塁。佐伯にもう一本タイムリーを浴びて2失点。
今日はこの2つのエラーも含めて4つ守備のミスが出ました(天谷の打球見落としは記録ヒット)。
1点差の9回裏も、梵のセンター前ヒットでファーストランナーの木村がサードへ行けず。最低同点には追いつけたチャンスをふいにしてしまいました。
こういうミスを無くしていかないことには安定して勝つのは難しい。結果的には金城にやられた形になりましたが、すべて自分でまいた種ですから。

大竹は8回自責点0で負け投手。かわいそうすぎます・・・これに耐え抜くのがカープのエースの宿命でしょうか。めげずに頑張れ!次も頼むぞ!

祝!!初勝利 対阪神3回戦4-2

やっと勝ったぜー!!ルイスよくやった!!石原最高!!すごいぞ前田!!ビバ東出!!
散々負けてても、たった1勝で機嫌が直る!我ながら単純・・・

初回にエラー2つが絡んで失点したときはどうなるかと不安でしたが、梵のファインプレーで流れが変わった気がします。ルイスもヒットは打たれてもボークの悪癖も出ず、少ない失点で乗り切ってくれました。2番石原はちょっと・・・と書いたその日に石原大活躍で非常に気まずいのですが、今日は東出出塁→ルイスが送って→天谷がつなぎ→石原が返す、つながりが機能していました。しかし、石原2番は石原の打撃が好調なときはいいですが、ずっと継続するのはやはり不安。梵か東出、どちらか調子が上がった方が入るのが理想と思っています。
コズロースキーにセーブもついて、巨人、横浜とほとんど差はないにせよ4位浮上。明日からもう少し楽に戦えるといいのですが。


試合後にHTVの田坂るりアナウンサーの引退セレモニーが行われました。アナウンサーのためのセレモニーは初めて見たのでびっくりしましたが、カープが勝っても負けてもるりさんはカープファンの心の女神でした。いままでほんとにありがとう。・゚・(ノД`)・゚・。


調子悪いのに興奮しすぎて頭グラグラ。今日はもうおとなしく寝ます・・・



方向性の見える戦いを 対阪神2回戦2-4

カープの負けが込むのに比例して体調が悪化している気がする今日この頃。それでも気持ちは前のめり。手短に昨日の試合の感想を。

先発の宮崎はそれなりに頑張ったと思います。細かい制球では下柳に劣りますが、何とか踏ん張った。リリーフの林、コズロースキーも形はどうあれ無失点。

やはり打線の問題が深刻ですね。昨日は1番緒方、2番石原のサプライズオーダー。狙いは分からないでもないですし、実際緒方は2安打と結果を出しましたが、どうしてもマーティーがジタバタしている印象があります。開幕前に掲げていた「機動力野球」もイマイチ見えてきませんし(赤松の怪我はありましたが)。去年までとは違うスタイルで戦うのなら、それが定着するまで時間が掛かるのは仕方ありません。オープン戦ではあれほど「機動力」を試していたのに、開幕したとたんに目先の一勝にこだわって「2番石原」は納得がいかないのです。
同じ負けるにしても方向性の見える戦いであればまだ希望がもてます。
楽天の例もありますし、まだまだシーズンは長いのですから。

歯がゆい試合 対阪神1回戦3-5

ここ2日具合がいつもにまして悪く、昨日も試合を見終わったら歩くのがやっとの状態だったので、遅くなりましたが試合の感想を。

先発の建さんはなにか怖がっているようなピッチングに見えました。細かいところを狙いすぎてボールが先行し、苦しいマウンドになってしまいました。連敗中、地元開幕、相手は阪神と、プレッシャーのかかる試合だっただけに、ベテランの貫禄のようなものを見せてもらいたかったのですが。

打線もなにかちぐはぐな印象。アレックスはタイムリーとホームランの大活躍でしたが、2回に盗塁2つを絡めて作ったチャンスで点を取れなかったのが後々まで響いてしまいました。救いは栗原に待望の一発が出たこと。歯がゆい試合が続いているだけに、栗原の復調がきっかけになっていい流れができることに期待です。

新井の第一打席のヤジは凄かったですね。私はもう関係ない人だからどうでもいい、というスタンスなのですが、この場合のヤジはあって当然だと思います。あれだけ神経逆なでされて、抗議の意志を示す人がいないわけないですから。度を過ぎるといろいろな問題が起きるので、さじ加減が難しいですが。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。