スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト終了!予定通りの指名

初めてドラフト中継を張り付きで見ました。くじ引きをはじめ、各球団の駆け引きの緊張感はなかなかいいもんですね。カープはあまり波乱無く予定通りの指名でした。

1.岩本貴裕 外野手 左投左打 亜細亜大学

2.中田 廉  投手  右投右打 広陵高校

3.小松 剛  投手  右投右打 法政大学

4.申 成鉉  内野手 右投右打 京都国際高校


事前に挙がっていた名前をしっかり押さえてきました。岩本一本釣り成功、中田、小松の投手2人。4巡目の申は入団テストに合格した選手ですね。今広島の選択が終了したばかり(17:00)なので各選手に入団の意志があるか確認できていませんが、サプライズ指名はなかったのでスムーズに行くと思われます。育成ドラフトに関しては追記します。とにかく熱烈歓迎、新人御一行様!!

【追記】育成ドラフトも終了しました。
松田翔太 投手 左投左打 金沢学院東高校

上本が3巡目まで残っていたのに獲りに行かなかったのは、東出の残留交渉がある程度順調に行ってるからなのかな?と思ってみたり。



昨日発表されたゴールデングラブ賞、カープからはファースト・栗原が新井と同票で初選出されました。怪我とプレッシャーに苦しみながら1年間出場し続け、結果を残した頑張りが認められました。おめでとう!
セカンドは荒木、東出、田中の三つどもえと予想していましたが、結果は荒木のぶっちぎり。今シーズンの内容を見ても票数(荒木108,東出26,田中25)ほどの差があったとは思えませんが、やはり4年連続受賞者の壁は厚いです。ベストナインのほうが可能性ありますかね?今年の東出に一つでもタイトル獲って欲しいです。


賛同していただける方は署名をお願いします。
東出選手のカープ残留を希望します (署名TV)


スポンサーサイト

東出2回目の交渉

が本日行われました。前回よりもつっこんだ話し合いになったと思われますが、目立った進展はナシ。以前「早めに決める」と言っていたので、ドラフトまでには結論を出すんだろうと勝手に解釈していましたが、もう少し時間がかかりそうですね。次回交渉は5日だそうです。建さん、森笠も中々決めかねているようですし、今年のFA選手の動向から目が離せません。そういえば、横浜に加えて中日も東出に興味もってるらしいのですが・・・。アライバ残留なのに贅沢すぎだろ!と思ってしまいます。実際獲っても使いどころがない気がするのですが。


話は変わりますが、本日から加わった新兵器、

マーティ・ブラウン号

「マーティ・ブラウン号」です。社会福祉協議会で無料で貸し出してもらった車椅子です。名前は車体についていた番号が「71」だったので安直につけました。これで大型書店や動物園、デパートといった、かなりの距離を歩かないといけない場所にもお出かけできます。


今はワールドシリーズを観戦しつつ、ドラフト雑誌を眺めてニヤニヤしてます。最後になりましたが、先日亡くなられたジョー・ルーツ元監督、カープを強い時代に導いてくださって本当にありがとうございました。ご冥福をお祈りします。


賛同していただける方は署名をお願いします。
東出選手のカープ残留を希望します (署名TV)

床が抜けたらどうしよう

最近、日に何度も部屋の中で変な音がするんです。・・・ピシッ・・・、・・・パシッ・・・、と。心霊現象、いわゆるラップ音ってやつでしょうか?・・・いえ、原因は分かってるんです。私にとっては幽霊と同じくらい恐ろしい、部屋の重量オーバーを告げる音!ギャアアアアア!

私の部屋は2階の6畳間、家は木造なのであまり重さに耐えられる構造ではありません。その部屋に机、タンス、ベッドといった普通の家具、カメの水槽なんかが置いてあります。ここまでなら何ら問題ありませんが、加えて180センチほどの高さの本棚が3つ、1メートルほどの本棚1つ、それに入りきらなかった問題集や漫画を詰めたダンボールが押し込まれています。ラップ音並に怖い音に恐れをなして、かなり床に負担をかけているであろう函付き本70冊、ダンボール4箱分を納戸に移して急場を凌いだつもりですが、この夏にも本棚に入りきらなくなった野球雑誌をダンボール3箱分納戸に移したばっかりで、もう納戸の容量も限界ギリギリです。
これからどうすればいいのでしょうか。もう置き場所はないのに本や漫画は増えていく一方。買うのをやめたり手放したりは絶対できませんし、かなり困ってます。世の狭い家に住む本好きの方々はこの問題にどう対処していらっしゃるのでしょうか?

将来は書庫のある家に住みたいです。ああ、早く自分で稼げるようになりたい・・・。


賛同していただける方は署名をお願いします。
東出選手のカープ残留を希望します (署名TV)


監督問題一段落と東出署名活動

ここのところカープファンを悩ませていた問題の一つが解決に向かって動いているようです。

【速報】ブラウン監督、契約合意の見通し(中国新聞)

契約するまで安心はできませんが、不確定な情報が錯綜する状態からはかなり前進したと思います。


そしてもう一つの懸案事項の東出ですが、昨日の交渉では特に進展はなかったようで。夕方のニュースで「あまり相談したりはせずに自分で決める」と言っていたのが何とも東出らしいというか。
本人の意志が最優先ですが、カープに残って欲しい!と願うカープファンのための署名活動が行われています。

東出選手のカープ残留を希望します (署名TV)


黒田の残留要請活動の時にCarp blogのCtakeさんがやっていたようなネット署名です。今回も発起人さんが責任を持って東出に渡してくれるそうです。今年は市民球場のラストイヤーも重なってあまりこういった活動ができませんでしたが、今からでも、少しでもファンの声を届けるのは無駄ではないと思います。特に東出はファンに必要とされていることを未だに分かっていない節があるので。
賛同していただける方は署名をお願いします。

1年近く経ちましたが

本日ようやっと秋になって3度目の風邪から脱出しました・・・。昨夜は夜中に胃がねじ切れるような激痛に襲われましたが、あれがこの風邪のクライマックスだったようです。あー、しんどかった。
去年の冬からかなり抵抗力が弱っているので、他の家族が熱も出さないような風邪で体が起こせないほどに衰弱してしまいます。この冬にたちの悪いインフルエンザが流行ったりしたら、万が一のことがあるかもしれない、という覚悟のようなものがぼんやりとあります。体が弱ったことを実感しているお年寄りのような心境かもしれません。
最初に体調を崩してからほぼ1年になりますが、よくなりそうな気配はありません。こっちも慣れたもので、少々痛くても体が動かなくても泣きごとを言ったりはしませんが、未だに正確な病名も、有効な治療法も分からないのはやはり不安です。今は広大病院で漢方を処方してもらって症状を緩和していますが、少し楽になる以上の効果は今のところ見られず、体力も依然杖をつきながら100メートル程度の連続歩行で限界が来てしまうレベルです。
この調子ではいつ大学に行けるようになるか分からないので、比較的体調のよい日は最低1時間は大学でするつもりだった勉強(古典や歴史)をするようにしています。本さえ読めれば独学である程度のことはできるので。遅々としたスピードでも、やりたいことがやれている実感があれば、ほとんど家から出られない状況でもそれなりにまともに生きることができます。

現在のあまりよいとは言えない状況を客観的に認識しつつ、よりよい道を模索すること。これが今の私の基本姿勢です。


戦力外通告発表

    新聞に戦力外の文字見れば心づくしの秋は来にけり      紫苑

というわけで、他球団より少し遅れて今年の戦力外通告第1弾が発表されました。球団ホームページより転載。


10月10日(金)付けで、下記4選手に来季の戦力外通告をいたしました。
 
【投手】
丸木 唯 (22歳)
金城 宰之左 (22歳)


【内野手】
大須賀 允 (28歳)
甲斐 雅人 (26歳)


けがの状態や今までの成績を見て、ある程度予測された名前とはいえ、カープの選手にはみな愛着がありますから、この季節は何度迎えてもキライです。
丸木、金城あたりは育成枠で残ることもあるのでしょうか?甲斐も大須賀ももっと一軍で活躍する姿を見たかった。寂しいです。


一方で、前田、緒方のベテラン2人が来シーズンも現役続行という嬉しいニュースもあります。この2人が新球場でプレーする姿を見たい、とここ数年願っていた方も多いのではないでしょうか。頼れる代打の切り札として、来年も大いにゲームの終盤を盛り上げてほしいです。


選手の動向とは別に悩ましいのがブラウン監督の契約問題。最終戦前に球団側から続投要請が出て、マーティーもそれを受けると思われただけに意外な展開です。私はマーティー続投支持派なので、両者歩み寄れるところはある程度妥協して、秋季キャンプやドラフトに悪影響が出ないように早期決着を図ってほしいです。交渉の内容など知るべくもないので、マーティーがごねているのか、球団が足下を見て無茶を言っているのかは分かりませんが、せっかくいい形でできあがりつつあるチームに変なしこりが残らないことを祈るばかりです。


                            

一東出ファンのつぶやき

カープのシーズンが終わってしまいました・・・これからは他球団やMLBで野球成分を補充しつつ、「それいけカープ」とスピッツの「春の歌」を聴いてカープに思いを馳せる日々となります。「春の歌」は東出の出囃子(打席に入るときにかけるテーマソング)で、聴けば聴くほど東出のこれまでの道のりが思い起こされる名曲なのです。

カープの最終戦が終わった瞬間から私の頭を占領し続けているのはやはり東出のFA問題。本人が白紙を強調している以上、部外者があーだこーだと憶測を語っても全く意味がないことは重々承知していますが・・・気になるものは気になるのです。
かなり願望入ってますが、私は「FA宣言の上で残留」を予想します。根拠は東出がFA権を取得したときの「一番いいのは必要だといわれて残ること」というコメントのみですが。

今のカープにもこれからのカープにも東出は絶対に必要な戦力です。来シーズンまた3割打てるかは分かりませんが、あの守備と打線をつなぐ技術は数字に表れる以上の効果をチームに与えます。また、中堅選手として今の若いチームを引き締める役目も担ってくれます。東出が一番力を発揮できるチームはカープを措いて他にない!カープ球団さん、年俸はずんでください、お願いします。

個人的にも、東出がきっかけでカープファンになったので、東出にはずっとカープの選手でいてほしいです。たまたまテレビで見た東出のファインプレーで野球に興味を持って約8年。以来東出の他にも好きな選手やすごいと思う選手はたくさんできましたが、私の野球好きの根っこにはいつも東出がいます。東出本人はもちろん東出ファンまでも肩身の狭い思いをした時期もかなり長くありましたが、それを乗り越えて東出はカープの主力に成長しました。他球団のユニフォームを着てる東出はできることなら見たくありません。


来年の春、新球場での地元開幕戦、1回表のセカンドポジションで緑の芝生を走る東出の姿が見られることを心から祈っています。

CS進出消滅・・・

横浜14-5広島

かすかに残っていた希望が完全に潰えてしまいました。ルイスがここまで乱れるとはまったく予想していませんでしたが、今シーズンのカープを引っ張ってくれた彼には感謝したいです。打線はまたも小林を攻略できず。ひょっとしていまカープが一番苦手にしてるピッチャーは小林なのでしょうか?ルイスが今シーズン横浜に勝ち星を挙げていないことも含めて、相性の恐ろしさを感じました。

負けてしまった直後はショックが大きくて落ち込んでしまいましたが、時間がたって気持ちが落ち着くにしたがって、「今シーズンのカープはよくがんばったよな」と思えてきました。もちろん、戦力面でも戦術面でも至らないところはたくさんありましたし、力が及ばなかったからこそ優勝もCS出場も逃す結果に終わってしまいました。でも、今年のカープは去年より確実に強くなりました。さらに、ここ数試合息切れ気味になっているものの、シーズン序盤より終盤のほうが地力が上がったように感じます。まだまだ発展途上のチームだからこそのもろさもあり、見ていてハラハラすることも多々ありましたが、それ以上にたくさんの期待や楽しさをファンに与えてくれたと思います。

・・・と、ここで来シーズンの話をしたいところですが、公式戦はあと2試合残っています。貯金を残してシーズンを終わるために、あと2試合、気持ちを切らずに戦ってほしいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。