スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建さん引退試合

悲しいはずなのに自然と笑顔になってしまうのは、建さんの人柄のなせる技ですね。あったかくて、いい引退試合でした。

試合前、スタンドに「建さんありがとう」Tシャツを着ているファンがたくさんいるのを見てちょっとしんみりした後、始球式での優ちゃん舞ちゃん、打席の建さん、見守る奥さんに「ぎゃああ!なんだこのかわいい家族!」と叫んでしまいました。ホントに仲よくて娘さんもパパ大好きなんだなあ、と。中高生の娘とあれだけ仲いいって珍しいです。ウチも2人姉妹で親父ともまあまあ仲はいい方ですが、あそこまで優しい空気出すのは無理ですね。
試合は5位と6位っぽい展開ではありましたが、逆転して大差つけて、きっちりお膳立てして8回に建さん登場!3球3振、結果は上々なのですができればもうちょっと投げてる姿が観たかったな・・・。ボールもまだまだ生きてたので、マウンドを降りた後も「ホントにもう建さんは投げんのんじゃろうか・・・」と不思議な感じがしました。
試合後の挨拶も飾らないもので、何度もありがとう、と言う建さんの姿、ずっと忘れません。プロ野球のスターになってすごい記録をうち立てていくのも夢だけど、こうしてファンと家族に愛されて、笑顔で見送られていくプロ野球人生というのもまたひとつの幸せな夢だなあ、と思いました。

私がファンになった頃は建さんは左のエースで、素晴らしいピッチングの後何だか締まらないピッチングをしてしまう、といった感じでしたが、それから何年も何年も、先発として、左の中継ぎとして、建さんの投げ続ける姿にたくさんたくさん思い出をもらいました。キレのあるストレートとスライダー、立ち上がりは良くないけど170球越えで完封しちゃうスタミナ、でも夏にはなぜか弱い。センスのあるバッティングと走塁、ホームラン打たれた後の悲しげな瞳、普段は優しい雰囲気なのに実は結構短気、微笑ましい子煩悩っぷり。うーん、選手として、人間として、本当に魅力的な人です。
大リーグに挑戦すると言ったときにはかなりびっくりしましたが、40歳でマイナーから大リーグのマウンドをつかみ取ったのはもうかっこいいとしか言えません。カープに帰ってきてくれて、前半戦は中継ぎで大活躍してくれた今年が最後の年になってしまいました。今後どういう形でカープに関わっていってくれるのか、楽しみにしています。



スポンサーサイト

はっ!

前回の更新から10日も経っているではないか…。あれからもう一度ムカデに刺されて、相変わらず胃弱がひどいだけで特に何かあったわけではないので、もし心配してくださった方がいたらすみません。

単純にカープがなかなか勝てなくてモチベーション上がらなかっただけだと思われます。建さんについては引退試合のときに語ろう。

岸本と大島が肩肘痛めやしないかとひやひやしてます。



ムカデに刺された2日後に

またムカデに刺されました。何故。
2日前は右足の太ももを刺されて、数時間後なぜか左膝が痛み出し、半日ほど苦しみました。
そして今回は右足の中指。現在右足の足首より下がかなり腫れて痛いです。眠れないよ午前3時。
小さいムカデだったから大したことにはならないとは思うんですが。もちろん犯人のムカデは発見された次の瞬間私の手であの世に送られました。


首位争いが楽しいなあ

打線の調子がいいだけに、今は投手陣に不安のある阪神のほうが与しやすいんですね。ナゴヤドームの記憶は…消えました。しかし中日絶好調。昌さん45歳で完封とかすごすぎる。
さて、阪神3連戦、一番印象に残ったのは今井くん。早々に怪我しちゃったから今年はダメかな、と思ってたらこの時期に出てきてくれましたね。このチーム状況だし、今からでも十分成績残せます。頑張れ新婚さん。そして、タクローさんと前田様の得点には燃えました。いやー、プロ野球の醍醐味です。あ、会澤くんプロ初ホームランおめでとー。


9月に入っても暑いですねー。夏は大好きなので気持ち的には暑くても苦痛ではないのですが、消化器官がサボタージュ気味で一日に普段の軽い1食分くらいしか食べられなくて、一月で3、5キロ減。これ以上痩せたらふらふらになるから、そろそろ機嫌治してくれないかな…。



読了ー。

昨日、中央公論社の「日本の歴史」読了いたしました。わーい。読書記録調べてみたら全26巻読むのに2年3ヶ月かかってました。…長かったなあ。南北朝時代とか江戸時代の経済とか訳わかんなすぎて泣きそうになったりもしたけど、楽しかったよ。また調べものとかでちょくちょく引っ張り出すから本棚で待機よろしく。
さてと、お次は去年のクリスマスから塩漬けになってた「世界の歴史」に取り掛かりますか。。

この前やってた高校生クイズ観ていてやたら燃えました。どう足掻いても1割くらいしか答えられない私はスーパー高校生の皆様にアリのごとく踏み潰された訳ですが、10ポイント先取の決勝戦で4ポイント取れたのでもう満足です。まあ日本文学の、しかもかなり好きな所から3問も出てくれたおかげですけど。東大生正当率1パーセント以下の問題なんて、超得意分野じゃなきゃ分かるはずがない(開き直り)。あとの1問は漫画で見た用語を適当に言ったら当たってしまっただけで、それがどういう意味なのかはさっぱり理解してません。
ああいうの観ると、こいつらには絶対かなわないからせめて得意な分野だけでもしっかり頑張ろう、と前向きなような後ろ向きなような気持ちになります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。