スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんびりーばぼー

ほかのチーム(ヤクルト除く)がそんなに怖くないって、なにそのパラダイス。ちょっと前まで全てのチーム(たまに横浜除く)に怯えながら生きてきたのに。ああ、せめて今年はこのままで…。物心付いてから一回も優勝してないんだもの!

さて昨日もカープは強かった。バリントンってあんなにいいピッチャーだったんですね。初登板の時は抑えたけど結構フラフラしてたし、前回は勝ちがついたのはラッキーとしか言いようがないピッチングだったし。それが昨日はきっちり欲しいところに持ってくるストレートと、目を見張るキレとバリエーションの変化球。あれよあれよと言う間に中日のバッターをサクサク片付けて、2安打完封。バリントンが今回の七割くらいの出来のピッチングを常にしてくれたら、マエケン篠田バリントン、自慢したくなる表ローテの完成です。
バリントンの大きな武器はメンタルの安定感かもしれないな、と思いました。粘られたりランナー背負ったり味方が拙攻したりエラーしたりしたときに、外国人がよくやるイライラした態度を見せることもなく、いつも同じ表情で淡々と投げる。ルイスがかなりの熱投型だったから、対照的で面白いです。

中田、1回はこのピッチングずっと続けられたら絶対打てねぇと恐怖しましたが、わりと早く捉えられるようになって。でも前半は拙い攻めのオンパレードで点取れず。去年までだったら確実にモタモタしてるうちにランナーすら出なくなって相手に流れがいっちゃうパターンですが、今は前半駄目でも後半はなんとかなるんです。栗原のタイムリー、丸のスリーラン。なんで丸あんなにホームラン打てるんでしょうか。2軍でそんなにホームラン打ってるイメージ無かったんだけどな…。

今日ヤクルトが負けたことで再び同率首位浮上。まあこの時期に細かい順位はそんなに気にする必要はないので、一カードずつ確実に勝ち越していきましょう。


昨日から母が泊まりがけで出掛けてるのですが、昨日の朝広島駅で移動中のカープ選手を見かけたそうです。みんなカッコよかったけど梅津のかっこよさがハンパなかったと。いいなー。私がカープ選手見かけたのはルーキーイヤーのマエケン@山陽本線が最後だな。



昨日、もう20年以上、要するに生まれたときから友達の子が久しぶりに遊びに来てくれました。彼女は大学4年生にもなって未だに小学校低学年の男子が喜ぶような下ネタが大好きで、この前バイト先にう○ち柄の靴下をはいて行ってどん引きされたそうです。ああ、そういうとこが大好きだ(笑)。




スポンサーサイト

やっぱり強いんだ

今のカープ、やっぱり強いんですね。ヤクルトが異常に強くてカープは強い。

今年の篠田の安定感は素晴らしい!私は篠田がいいピッチングをしてる時の様子を「絶妙なバランスでとっ散らかってる」と表現するのですが、その絶妙さにさらに磨きがかかってます。コントロールはそんなにないからフォアボールは出す。でも腕を振って体重を乗せて投げられればコースを絞りにくいのがプラスに転じてそうそう連打はされないし、少々甘い球でも手がでない。鳥谷を見逃し三振に取ったスライダー、コースは相当甘いのに球が生きてるから手がでない。うーん、篠田の潜在能力が全開になってきましたねぇ。

今年の打線の特徴は欲しいときにきっちり点を取れることだと思います。例えば初回の1点、中盤の競り合いでの1点、終盤少し楽になるための1点。ホームランはないし、一定水準以上のピッチングをする相手を叩きのめすほどの破壊力もないけれど、チャンスの度にじわじわ点を重ねて試合を有利な展開に持ち込む。昨日で言えば8回、ノーアウト2塁3塁から犠牲フライ2本で2点。この攻撃、しびれました。

サファテも本調子になってきたし、唯一懸念としてあるのはセットアッパーですね。ペローンを毎回投げさせれば早晩疲れで調子を崩すだろうし、シュルツも2年前のピッチングを思えばまだ物足りない。梅津や岸本あたりが機能して、うまく終盤の継投が回せるようになればいいなあ。




この年にしてキャラチェンジ

カープの星が伸びないと更新速度が激落ちしますね。分かりやすい。
カープの調子が悪くなったと言うよりは、ヤクルトの勢いに呑み込まれちゃった印象です畠山の顔がトラウマになりそうだ…。

ここでずるずる行かないのが一番大事。またきっちり戦っていってほしいです。
野球って難しいな。だから楽しい。


最近じりじりとではありますが、調子が上向いて来てます。寝起きが良かったり、ずっと勉強しててもぐったりしなかったり、ひとつひとつのことに叫びたいくらい全力で感動してます。
病気してだいぶ性格変わった気がする。前は基本いい子だけど、どことなくひねくれたところがあったのですが、今は満面の笑顔で「生きるって楽しいね!」なんて言えちゃう結構恥ずかしいキャラになってます。
思考回路がどんどん単純明快で屈託なくなってきてて、ちょっと影のあるタイプに憧れてたはずなのに、真逆の方向に行きつつある。
好みで言ったら前の性格のほうが面白味があって好きだけど、今のほうが格段に楽しく楽に生きられるから、まあこれでもいいかなあ。



あばばばば

ぜ、全身の毛穴から何か出そう…(本格的に錯乱してまいりました)。

今日はさすがに荒れたゲームでしたが、しっかり勝っちゃった。派手な攻撃もあますし、1、2点目のような堅実な取り方がしっかり出来てるのも大きい。
打線好調だなと思うのは、みんな甘い球を逃さない。初球からガンガン行く。当たり前と言えば当たり前だけど、なかなか難しいことですよね。
それにしても今日の丸はすごかった。母がお世話になってる整体師さんは由宇球場で丸に目を付けてて、この活躍ぶりにご満悦だそうです。長打無いタイプのバッターかと思いきや、チームのホームラン王(2本だけど)ですから。

今携帯でホームラン王って打ったらホーム卵黄って変換されてちょっと笑った。

さて、何気に取り残されてる東出に当たりが出だしたら完璧ですな。


上野がなかなか厳しい感じでちょっと心配。一本調子になると際限なく打たれちゃうからなあ。点差がついたゲームをサファテなしで乗り切れるような駒が出てきてくれたら嬉しいんだけど。うわ、なんか私超贅沢なこと言ってる(完全に調子に乗ってきました)。


明日からも頑張るぞ、おぅっ!して、明日の先発誰じゃろな。



あわわわわ

5連勝、だと…?
単独首位、だと…?
お、お前らは一体誰なんだ!?(混乱中)

ちゃんと力を発揮すればこれくらい出来るって信じてましたけど、いかんせん慣れてないもので。1つの勝ちで3日は喜べるように訓練されてしまった脳は連日の白星に対応しきれてないようです。3連勝くらいまではまだ現実感のある喜びだったんだけど、今は何が起こってるかいまいち分からない…。でもこれからこれが当たり前になるんだから慣れないと!(調子に乗り始めたようです)


さて、今日の試合、篠田が2人いましたね。4回までの球荒れまくりでフォアボール連発、球数食いまくる代わりに狙いが定めにくくて打たれない篠田と、5回からのキレキレのボールとコースに決めるコントロールを兼ね備え、バッターをズバズバ片付けていくスーパー篠田。
結局5回以降はパーフェクトで完封勝ち。最初ははらはらものでしたが、5回の表に追加点取ってもらったのがいいきっかけになったのか、それからはマウンドで躍ってるように見えるくらい躍動感のあるすごいピッチングでした。篠田かっこいいよー!
先制点はラッキーな形で入りましたが、ファーストが取り損ねた球を拾った時にはもうセカンドランナー石原がホームに到達していたので、その全く手を抜かない走塁に拍手です。
今シーズンのカープのいいところはひとつひとつのプレーにきちんと気持ちが入っていること。開幕して8試合、まだつまらない試合はひとつも観てません。こういう姿勢が結果に繋がってるのはすごく嬉しいです。
そしてずっと懸念材料だったトレーシー、栗原が目覚め始めましたね!きちんと捉えた当たりが出始めて一安心です。トレーシーなんか守備の動きも良くなって、表情も全然違う。よっぽどプレッシャーだったんですね。

昨日の試合は丸!日替わりで若手が活躍するなんて夢のようです。あまり長いの打てないバッターとは思えない当たりで。赤松の負傷離脱は残念ですが、こうしてそれをチャンスにして出てくる選手がいるのはチームがいいリズムで回ってることにも繋がりますね。
マエケンも好調とはいかないまでもある程度のピッチングをして、勝ちがついて良かったです。ペローンは相変わらず好調、シュルツも戻ってきて、サファテも高めのストレートで空振りを取れた。勝ちパターンの継投が整いつつあるのが心強いです。連戦が続く中で今日篠田が最後まで投げてくれたのは本当に大きかった。


広島横浜戦と言えば大味な野球の代名詞のような気がしてましたが、今シーズンはかなり雰囲気が違いますね。センターラインを渡辺、森本の新加入組が固めることで全く野球が変わって来ている。
蛇足ですが、私楽天時代から渡辺が大好きです。母に言わせると私の萌えポイント(二遊間、1、2番、守備が上手い、小技が出来る、野球が上手い、小柄、地味、長打力がない)をとりあえず詰め込んだような選手だから好きにならないほうが不思議だそうです。
ここ最近下位が指定席になっちゃってた2チームでセ・リーグ引っ掻き回してやりたいな。



とりあえず明日の新聞の順位表は写メる!
おやすみなさい。





福井も続いたぞ!

福井君、初登板初先発初白星おめでとう!
最初はちょっと手探り状態で乗り切れてない感じがしたけれど、だんだん腕が振れるようになってきて気合いも乗っていって、後半のピッチングはもうルーキーじゃなかったです。
小笠原から三振取ったフォーク、良かったなあ…。槙原さんも言ってたけど、球種が分かりにくい。フォーク、スライダー、小さいカーブ、ちょっと抜けたり軌道がずれたりすると、リプレイで握りを確認するまで何投げたのか分からない。面白いです。
あと、気持ちと表情が本当に良かった。打たれたバッターに闘志剥き出しで向かっていったり、踏ん張らなければいけない場面で触れると切れそうなくらい鋭い目つきになったり。天性の勝負師というか、ピッチャーとして大事なものをごく自然に持っている人なんだなあ、と感じました。
その勝負師の顔の迫力と、マウンド降りた後感極まって唇噛んでる表情の可愛さのギャップがたまらんかったです。
7回2失点、立派すぎるデビュー戦でした。
前日の今村君に続いて若いピッチャーが活躍してくれて、監督も大喜びですね。マエケンを筆頭に若いピッチャーが切磋琢磨しながらどんどん成長していってくれたら…。ああいかん、ヨダレが出てくる。
あ、そうだ。今シーズンの青木高広!すごいですね。左バッターの内側から外角に向かってペローンと抜けてく変化球…。球速もアップして、コントロールも安定してて、ペローンがここまでの調子じゃなかったら今シーズン間違いなく1つは星落としてた。今のところ青木→サファテが勝利の方程式になってますが、サファテがちょいちょい失点してるだけに、ペローンの頼もしさがまぶしいです。

これで巨人3連戦2勝1分、貯金1!いいスタート切れてよかったです。これは先発ピッチャー(+ペローン、今村)と梵、廣瀬の頑張りの結果なので、今からはリリーフ陣の奮起ととトレーシー、栗原の復調で上手くチームの流れを作っていけたらいいなあ。


野球が始まると、CS放送で繰り返し流れているCMにさらされ続ける訳ですが、その中のいくつかが頭について離れなくなります。以前はジップヒットを「こんにちは、デレク・ジーターです。」からナレーション、「この前初めてホームランを打ったの!」まで完コピして妹と遊んだり。
ちなみに今は「ふっきん、あぶとろふっきん、あぶとろ」と「口座開設百万口座突破~♪」に頭が侵略されてます。特に後者は無意識の内に歌ってることがあって困ります。




十代最後の日に

初勝利!おめでとう今村君!
昨日のジオもいい具合にクセ球してたので、結構イニングいけるな、と安心してた矢先の負傷降板。どうしよう…と途方に暮れてたカープファンと大野コーチを今村が救ってくれました。落ち着いて投げてたし、持ち味も出てました。運もばっちり味方してくれて。5回の脇谷のファーストライナーゲッツー、ある意味すごかったです。31/3回を6被安打無失点。今年はオープン戦からよく頑張ってたから、どこまで伸びてくるか楽しみだなー。
梵と廣瀬がカッコよすぎて「はううっ」ってなります。なんであんなにかるーくヒット打てるの?あれ観てるとヒット打つのって簡単じゃね?って錯覚に陥ります。
昨日は初回取られた後にすぐ取り返して、次のイニングに逆転して、その後は音無しというある意味効率のいい攻撃。今シーズンは反発力があるから観ていてダレませんよね。しかしグライシンガーは最多勝取ってたときのキレが全くなくなってしまっていてちょっと切ないです。打ち込まれた後でも几帳面にメモしてる姿は純粋にすごいなあ、と。一度覗いてみたいグライメモ。理解できるかどうかは別として。

一昨日の試合もすごかった。栗原のタイムリーあたりで興奮が頂点に達して、栗原が打った瞬間からトレーシーが憤死するまでの間ノーブレスで絶叫して軽く酸欠になりました。あと、ソリアーノが速い球を投げられるニィちゃんからちゃんとピッチャーになってきてるのが印象的でした。あれだけのポテンシャル、うまく引き出してコントロールする術を身につけたらかなりでっかいスケールのピッチャーになれますよね。

あー、野球たっのしいなあ!今シーズンは選手一人一人から気合いと野球選手としてのプライドを感じるというか、プロ野球が存在することの意味、野球を通して自分たちにできることを考えた結果がひとつひとつのプレーの充実につながってる気がします。



妹の影響で嵐に大分詳しくなったので、出囃子で嵐の曲が流れてくると思わずビクッと反応するようになってしまいました。
今シーズンは今のところロッテ・岡田の「Happiness」、阪神・小嶋の「Monster」にビクッとなってます。今まで聴いた中で一番感心したのは中日・大島が去年から使ってる「Oh yeah!」。コンサートで絶対盛り上がるアルバム曲で、ちょいと詳しい人でないと多分知らない。これをチョイスするとはおぬし中々やるな、と去年の日本シリーズは大島が出る度に妹と歌ってました(妹の中で大島=Oh yeah!の人)。
ちなみに妹は中日の浅尾が大好きです。打たれてもいいんです、カワイイから。でも打たれすぎると出番がなくなっちゃうのでそれは困るんです。他にはソフトバンクの杉内と西武の岸が好き。
母はソフトバンクの和田。結婚したときリアルに機嫌悪くなって私唖然。
ついでに私は男性に関して顔の好みがありません。いわゆるイケメンも綺麗だなあ、とは思ってもトキメキはしないです。仕草とか雰囲気とかパーツの方がポイント高い。でも女の子は結構好きな顔がはっきりしてて、今好きなのは女優さんなら宮崎あおいと夏帆、アイドルならAKBの峯岸みなみ。といってもたまたま見かけたときに「おっ」て反応するくらいで、ファンってほどじゃないですが。

…って話が脱線しすぎて野球一ミリも関係ねぇ。失礼しましたー。



開幕3連戦

結果は1勝2敗とイマイチだったけど、どれも結構楽しい試合でした。
マエケンは良いときのキレがなくてちょっと残念。篠田は立ち上がりガチガチな感じだったけど、だんだんらしさも出てよく投げてくれました。バリントンは8回無失点にしてはハラハラする事が多かったですが(笑)、阪神の早打ちとバックの助けが後押ししましたね。来日初勝利おめでとう!
リリーフはやっぱり人材が足りないなあ、と実感しました。サファテは初登板、しかも甲子園だったので1失点くらいはしかたないし、球の力もあるので期待してますが、がっちりつないでくれる信用できる人が欲しいなあ…。
打線ははっきり課題が見えました。上位はしっかり機能してる。岩本もがんばってる。その間がなあ…。トレーシーのほうは普段がどんな感じなのかよく分からないので何とも言えませんが、栗原の調子はホントに悪いみたいですね。普段だったら絶対手出さないような球を追いかけちゃってるの観るとああ…。ってなります。この2人が早いとこ目覚めますよーに!
初勝利の試合は守備が良かったですねー。特にガンちゃん!足も速くないし、外野専門じゃないからもたついたりもするけれど、一生懸命!って気持ちがにじみ出てて気持ちいいです。淡々と守る梵東出、一生懸命守るガンちゃん…うん、いい!(何かのツボに入ったようです)

ツボと言えばロッテの荻野が超ツボです。去年の開幕時に衝撃を受けて、絶対新人王だと思ってたのに早々に怪我してめっちゃショックでした。今年はショート守備は大丈夫だろうかと心配しながらでもやっぱ野球センスハンパねぇな、と感心してます。そういえばピッチャーのほうの荻野も好きです。ああいう小柄だけど投げっぷりのいいピッチャー好みなんです。カープで言ったら天野的な。荻野、去年は故障で投げられなかったけど今年はどうなんだろう。

と、こんな感じで野球野球の日々が始まりました。





開幕!

いよいよ開幕ですね。
いつものように開幕前は野球のことばっかり考えてる、という訳にはもちろんいかなくて、いまいち実感がなかったのですが、昨日報ステでパ・リーグ一斉スタメン発表やってるのを見てじわじわテンション上がってきました。それぞれのスタメンにびっくりしたり感心したり若干不安を感じたり、色々ありましたが、ソフトバンクのスタメン見たときは思わずボードに跳び蹴りしたくなりましたよ。松田が8番とか、スゴいんだけど羨ましくはならないなあ。
さて、我らがカープ、開幕投手はあのお方で間違いないとして、野手のスタメンの詳細までは当てられないかも。四番はトレーシーなのかなあ。そもそも阪神の先発って久保?うーん悩むなあ。最近の調整具合も正確に把握できてないから、開幕からのローテーションも分かんない。順番だけじゃなくてメンバーも読み切れない。ソリアーノが開幕メンバーに入ってたのにはおおってなりました。

改めて、こうやって野球のこと考えられるって幸せだな。
今回の震災で私はどうしようもなく無力だったけど、これから一生懸命努力して、いつかはこういう幸せを私なりのやり方で守れる力を持ちたいな、と思う2011年開幕日。





しかし胃が痛い

桜が満開になってきました。
錦帯橋がすぐ近所なので、整体の行き帰りに眺めてます。今年は開花が遅かったので、先週末なんかまだ一輪も咲いてないのにいつもの何倍も観光客が来てて…。私が謝ったところでどうなるわけでもないけど、地元民として心の中で全力で謝罪しました。

しかし微妙に胃が痛い。

開幕目前ですね。調整具合なんかが細切れ情報としてしか入ってこないのでチーム状態が正確に把握できてないのですが、開幕正座して待ってます。ちなみに巨人の開幕戦が宇部で行われるため、山口県は今なんか妙なテンションになってます。

しかし胃が痛い。食欲はちょっと落ちたけどまあ大丈夫。

ぱっつん前髪をやめてワンレンにしてみようプロジェクト始動。もう22だもん、大人だもん!と意気がってるあたりがガキである。とりあえず二十歳以上に見られるのが目標。

しかし胃が痛い。なんか気持ち悪い痛み方。

夕食の後追っかけ再生でボクシング観戦。西岡戦の8ラウンドで寝落ちした親父が、粟生が4ラウンド右ボディーでKO勝ちした直後に目を覚ます。タイミング悪い。西岡のフイニッシュブロー左ストレートがかっこよくて真似してたら母が薄ら笑いしながらこっち見てた。ちょい恥ずかしい。長谷川、フェザーはやっぱり難しいのか。バンタムの時はタイミング測って一発入れてはいおしまい、だったのになあ。

しかし胃が痛い。3日前くらいに痛み出してだんだん強くなってきてる。まだ大したことないけど。

何気なく読み始めた方丈記に書かれていた昔の天災の凄まじさにダメージをくらう。以前だったらちょっと暗い気持ちになる程度で済んだんだろうけど…。今読むとマジきつい。

そして胃が痛い。前からちょいちょい痛むんだけど何でかなあ。





もやもや

相撲への注意が完全にお留守になっていた間に事態がかなり進展しましたね。
今回の処分はなんだかやり切れません。
八百長認定されて、実質相撲界追放される力士たちがそこまで悪質なことをやっていたとは思わないし、残った力士が全員清廉潔白だとも思えない。大関以上、またネームバリューのある力士が含まれていないことからしても、処分された力士たちが人身御供にされた気がしてなりません。
八百長が行われるのは個人の心がけの問題も勿論ありますが、それより大きいのは相撲界の体質。個人の問題に矮小化して終わりにするのはやっぱり納得できない。
徳瀬川、白馬、地味だけどいい相撲取るから好きで期待してたのに…。残念だし悔しさが残ります。




これからが勝負

前回書いた朝から晩まで勉強できる夢のような状態は、ちょうど一週間ほどで3分過ぎのウルトラマン、12時過ぎのシンデレラ、要するに30分も集中すればガックリ疲れる元の状態に戻りました。
頭が思うように動いてくれる感覚は余りに楽しく、それが消えてしまったのはもちろん残念ですが、いきなり訪れたあの状態がいつまでも続くわけがないのは分かっていたので、しばらくいい夢見させてもらったなあ、という感じです。数学は教科書レベルからやり直してたから全然モノにならなかったけど、英語は一週間でかなり感覚取り戻せたんですよ。

とにかく一時的にでもああいう状態になれたのは今までやってきたことが間違ってなかった証だと受け止めて、これからも食事にしっかり気をつけて絶対無理にならない程度に勉強して体操して一日一日を積み上げて積み上げて、ホンモノの思いっきり勉強できる体を手に入れます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。