スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3連敗orz

西武戦の一発目は仕方ないにしても、そのあと競った試合を続けて落としたのが痛いよぅ。
今日の試合も、ずっとスコアレスだったのに内容がめっちゃ濃くて超疲れた…。
あえていいところを探せば岸本!今シーズンちょっとかわいそうなこと(登板無しで2軍落ち)もありましたが、この2試合が惜しい内容になったのも岸本ががっつりイニング食ってくれたおかげ。ストレートの威力はそのままに、暴れ球が無くなってていいですね。

ああ、大竹が心配すぎる。これで登録抹消なんてなったら落ち込むなあ…。



スポンサーサイト

チケット


来たよー!
6月25日の中日戦、家族、友達と一緒に行きます。
去年は結局1試合も生観戦できなかったから、今年こそ!
同日観戦に行かれる方、楽しみましょうね。梅雨時ですが、中止になりませんように。



変わってきた強さ

3連敗して、失速したか…?と思わせておいてからの3連勝。昨日もいい勝ち方でした。

先発の福井はピリッとしないピッチング。球はまあまあだし、コントロールが激しく荒れてるわけではないのに、ピッチャー有利のカウントのときよく投げる、振ってくれたらもうけものの微妙に外した球みたいなのを連発して1回にツーアウトから3フォアボール、タイムリーを浴びて2失点。2回もピッチャーのマーフィーに打たれたヒットをきっかけに1失点。明らかにふらふらしてたのに、なんだかんだいって5回3失点と最低ラインにまとめてくるのがさすがというかルーキーらしくないというか。

打線は2回の走塁で足を痛めたマーフィーに代わった大谷を打てず。大谷が降り、ロッテの拙い攻撃もあって潮目が変わり始めた6回、伊藤や山本の独り相撲にも助けられてトレーシーのタイムリー、栗原の犠牲フライでまず2点。内には押さえ込まれましたが、8回はロサに井生がぶつけた気合い(セーフティーバントで打球が切れたか確認もせずにヘッスラって…熱すぎる)が実って作った2、3塁のチャンスに丸!打球が前進守備のセンターを越えて2点が入り、逆転!
継投は青木、上野、シュルツが無失点で繋ぎ、最後はデニ様。私の中でサファテはデニ様に進化しました。デニー友利とは関係ありません(今携帯の予測変換にデニー友利が入ってて地味に感動した)。落ち着き払って三者三振、素晴らしすぎる。最近サファテがマウンド上で見せる温度のない視線にゾクゾクするんですが、これって一体何なんでしょう(答え:変態)。



最近、勝ち方の質が変わってきた気がします。
4月の好調だった時は、個人の調子の良さにかなり依存した勝ち方でした。廣瀬と梵が打ちまくっていたから、初回に点が取れる。その後も廣瀬の驚異的な得点圏打率で点を取る。投手陣も、篠田やバリントンの好調組に終盤まで投げてもらって直接サファテに繋ぐか、もしくは青木を筆頭とした少数の調子のいい勝ちパターン投手を連日つぎ込むか。勝ち星は上がっていましたが、いつまでも続く戦い方でないのは目に見えていました。
翻って昨日に象徴される今の勝ち方は、特定の選手に頼っていません。
圧倒的なピッチングをする先発はいないし、リリーフだってサファテ以外完璧な人はいない。でも先発がそれなりにゲームを作り、リリーフが大ケガをしない程度に繋ぐことは毎試合ちゃんと出来てます。
打線も破壊力は相変わらずないし、いいピッチャーには手も足も出ないけれど、相手の調子が悪かったり力量不足だったりしたら、そこを逃さず攻める集中力がある。終盤に、相手チームがちょっと不安な気持ちで送り出したピッチャーから点取るパターン多いですもんね。
廣瀬の離脱でいっそう流動的になった外野ですが、丸や井生のおかげで今のところいい競争が生まれて、そんなところにも今のチームの生命力を感じます。岩本や天谷にはもっと奮起してほしいところですが…。

私がカープファンになってだいたい10年、ここまで上位に食らいついてるのは初めてで、かなり浮かれてます。こういう戦い方を継続していけたらそれってほんとうに「強い」ってことなんじゃないかな、と思うのです。
長いシーズン、いろいろなことがありますが、一度でも多く勝利の喜びが味わえますように。そして、秋には最高の喜びを手に入れられますように。



健太と健太

今日は雨ですね寒いですね。試合は中止ということで昨日の試合を振り返り。

全てのカープファンがじりじりしながら待ち望んでいたマエケンと栗原の活躍で連勝。素晴らしい!

先発はマエケンと渡辺俊介。今シーズンはイマイチな2人でしたが、昨日は本来のピッチング。マエケンは今まで苦しんでいたストレート、変化球のキレがよくて、追い込んでからきちんと決め球がいって十奪三振、7回1失点。
同点で迎えた8回、ランナー2人を置いて栗原、栗原、くーりーはーらー!みんなが待って待って待ち続けた第一号ホームラン!もう家族と手を取り合って喜んだね。
サファテが9回を粘ってきちんと締めて、交流戦の勝率が五割に戻りました。ヤクルトを始め、セ・リーグ全体が予想通り地盤沈下を起こしてるから、ここでしっかり五割以上を保てれば上位固めができる。頑張ろう!

うーん、栗原のあんないい笑顔、久しぶりに観たから幸せな気分になりました。
4年ぶりに会った小学校からの友達が栗原ファンになりかけていたという。これから本格的にカープファンにしてしまおうか。とりあえず今年中に一緒にマツダスタジアムに行こう。



おかえり大竹

待ってたよ。
篠田が降格してしまって苦しい状況だったので、タイミング的にもベストでしたね。

久々に観る大竹のピッチング。やはりまだ投げるのに必死で、あまり余裕は感じられなかったけど、時折はっとするいい球があったり、ランナー出しながらも粘ってたりして、ああ、大竹が帰ってきてくれた、ってほっと安心しました。昨日は早めに降りてしまったけれど、次は7、8イニング、行けそうだったら宜しく!

中継ぎも待ち人・永川が帰ってきて新しい形が出来つつありますね。永川がストレート、カウント球の緩いフォークが絶好調で今かなり安定してるからセットアッパー。6、7回をシュルツと今まで過労死寸前な働きをしてくれた青木でまかなって、最後はサファテ様。いーいじゃないですか、ふふふふ。

さて、昨日の試合の話に戻って、オリックスに先制された後岩本のツーラン。ツーアウトからフォアボール、ホームランなんてカープらしからぬ攻撃、思わずうおおおって叫びました。
しかしシュルツが追い付かれてしまい、お互い勝ちパターン投手をつぎ込みながら最終回へ。引き分けのムードが漂い始めたとき、石原がストッパー・岸田から粘りまくった末にレフトスタンドへ勝ち越しホームラン!一発で試合を決めるというこれまたカープらしくない展開で勝ってしまいました。

今シーズン初の3連敗中で、明らかに勢いが弱まって来始めた中でのこの勝ち星は本当に大きい。篠田の乱調離脱、廣瀬の負傷離脱とこれまでの好調を支えてきたメンバーが脱落してきた今からが本当のチームの力が試される時。このチームがどこまでやれるのか、楽しみにしてます。


オリックスの西君のピッチングを初めてじっくり観ましたが、いいピッチャーですね。あの若さなのにピッチングにムラがない。これほど勝ってるのも納得です。



全力土下座

追い付かれてしまったけれど、見ごたえのある試合でした。ソフトバンクとがっちり組み合って押し負けないパワーがついてきたのかな。

さて、私はここで全力土下座をしなければなりません。今村と永川に。
交流戦初戦の先発を今村と和田と予想した2日前から昨日の3回くらいまで、今村が和田に投げ勝つ可能性を全くと言っていいほど想定してませんでした。しっかり落ち着いて投げてて、今までで一番のピッチングだったよ。
そして永川。同点の場面で出てきてかなり不安だったし、先頭のカウントがスリーボールになったとき、思わず悲鳴出そうになったよ。でもストレート戻ってたね。
2人とも、信じられないダメなファンでほんとにごめんなさい。


さて、和田から4点を奪った攻撃は鮮やかでしたねー。和田の甘い球を捉えて5本のヒットで4点。最近こういうキレのある攻撃が少なくなってきてたから、スカッとしました。
後半はブルペン合戦でしたが、金澤と森福ってあそこまでいいピッチャーでしたっけ?特に森福の左バッター外角への球なんて、何じゃこりゃの世界でしたよ。馬原とファルケンボーグが抜けてあれなんだから、強いわけですよ。
カープはリードを守りきれず。残念ですが、あのまま押し切られなかったのは大きいです。永川がセットアップに入ってくれたらこれからの展望も開けますね。今村君も結果出してくれて、今までの不安だったポイントが少し改善されてきたかなあ。



勝ちたかったー

勝ちたかったー勝ちたかったーYES!
どうも。誕生日プレゼント(誕生日は2ヶ月先、しかも高額だから半分自腹)の電子辞書が昨日やってきまして、それまで紙辞書引いてたからすげーすげーと夢中になってるうちに数時間経過、本調子じゃないのにそんなことしたのが祟って現在布団の中で人形状態であります。痛みとか激しい倦怠感はないから苦しくはないし、指先くらいは動くので昨日の試合を軽く復習してみようかと。

マエケン、前回のピッチングで復調したと思ってましたが、なかなか簡単に行かないようで。去年の自分を求めて苦しそうに投げる姿になんかこっちまで苦しくなりました。いくら去年のようなキレがないと言っても並みのピッチャーよりいい武器持ってるんだから、それを使いこなせば活路はあるのだけれど。坂本にホームラン打たれた後余計な力が抜けて、後続の2人をポンポンっと押さえてたのが印象的でした。この時期はマエケンがほんもののエースになるために必要な経験と思って、見守っていきたいです。

打線は別に悪くはないけど思ったように点が取れない。引っかかるのはこの3連戦、廣瀬にタイムリーがなかったこと。打率を見ても分かる通り、廣瀬の調子が落ちたわけではない。しかし得点圏で打てない。正確なデータがないので間違ってたら申し訳ないですが、低めに落ちる系の変化球持ってこられて三振、というパターンだったような。あれだけ打ちまくった廣瀬に対して、巨人が全力で対策を講じてきたのかな、と思います。
おそらくこれからこういうケースは増えてきますから、栗原、トレーシーにはがっつり頑張っていただきましょう。


さて、交流戦ですよ。パ・リーグ大好きだから楽しみだけど、ぶっちゃけ5割になんとかしがみつければセ・リーグ内順位は何とかなる、と考えてます。しかし去年のようにパ・リーグにやられっぱなしは悔しい、でも勝てる気がしないー、とじたばたしてます。いくら交流戦は日程ゆるゆるでももう一人先発が欲しいです…。




デッドボール☆ガッツポーズ

3連敗はしないのよー。どうも。なんかシュールな勝ち方でテンションを見失ってます。

先発の福井はいまいち。いい球はびっくりするくらい良いんだけど、ふらついたときにやられちゃって5回3失点。チャンスを逃したりタイムリー打ったり、ホームラン打たれたりで3対4で9回突入。
表は登板間隔開きまくったサファテが鬼のようなピッチングであっという間に片付け、裏には当然ロメロ登場。内野安打やらフォアボールやらで満塁になり、代打・前田様の打席でなんとワイルドピッチ。同点にしたあとさらに満塁でロメロがインハイに投げた球が石原にガツーン。倒れ込んだ石原、満面の笑顔でガッツポーズ!
サヨナラデッドボールは観たことあるけど、あそこまでえぐられてしかも食らった本人がはしゃいでるのは初めて観た。

いい試合とは言いかねますが、3連敗しなかったのは大きいなー。巨人はなんかちぐはぐな感じ。ホームランは出るけど迫力はないし、ピッチャーも良かったり悪かったり。全体的に流れが出来てませんね。

カープも中継ぎが定まらなかったり、お約束のタイムリー欠乏症を発症したりとふらふらしてますが、なんとか踏ん張ってこう。
今日は東出栗原の不調組が打ったのが嬉しいです。



無いと生きていけない、あっても苦しい

爪先から胃にかけて、強めの電流が流れているような感覚がします。痛いと言うより不快。いわゆるストレスレッグ(むずむず足)症候群なのかは分かりませんが、一時的な物にせよ原因が強いストレスなのはほぼ間違いないと思います。

3月の終わりから4月いっぱいの1ヶ月強、比較的体調が良く、発病してから3年以上にして初めて頭が思い通りに動いてくれて、きちんとした生活をして適度に休憩を取れば翌日まで疲労を持ち越さずに勉強できたのです。

あまり言ったことは無い気がしますが、私の夢は日本史や古典文学の研究者で、早い話が大学受験のために生まれて初めてハードな生活して病気になったわけです。
病気になって勉強から離れざるを得なくなって、勉強したい気持ちは以前の何百倍にも膨らみました。どんどんしぼんでいくペンダコが悲しくて、今まで積み重ねた知識や思考方法がどんどん遠くなっていくのが怖くて、無理やり机についたり本読んだりして自分で体を痛めつける結果になってしまったこともしばしば。最近はさすがに学習して、ダメージのない範囲で一日数ページずつ本を読んだり古典に触れたりすることで一応満足するようになってました。

そんな中で本当に久々に机について何時間も勉強できるようになって、正気失うんじゃないかってくらい嬉しかったです。もともと苦手だった数学なんか大部分忘れてしまっていたけど、毎日3、4時間くらい基礎からやり直してだんだん感覚を取り戻したり、英語もじっくり書き写しながら精読したり、ペーパーバックの児童文学を流し読みしたり、苦手なリスニングを強化するために洋画を繰り返し巻き返し再生してみたり、とにかくあれもこれもとやってるうちにあっという間に一日が終わって、明日は何をしようかな、とワクワクしながら眠る、そんなウソみたいに充実した毎日でした。
1ヶ月強の間、一日も休まず、整体や病院の無い日は8時間以上勉強してました。
そうやって浮かれながら勉強してるときも、これは一時のバブルみたいなもんだから、ある日突然元に戻る覚悟はしておけよ、と毎日自分に言い聞かせてはいましたが、実際のショックはそんなちゃちな覚悟でどうにかなるもんじゃありませんでした。

5月に入って少しして風邪を引いてから、寝込んでる状態を脱しても座っているのがだるい。もちろん頭も思うように動かなくて、1時間足らず読書してもそんなにはかどらない上に、後にはその倍の時間痛みと倦怠感が襲う。頭と体の機嫌を取りながら、コソコソ本読んでた元の状態に戻っただけ。でも思いっきり勉強できる感覚を思い出してしまった後では、その状況が辛くて辛くてしょうがないのです。
やりたいことが明確にあるのに、手が出せない。手を出しても大したことも出来ないうちに七転八倒の苦しみが待っている。

いつここから抜け出せるのか、分からない。


この記事のタイトルの答えは、夢とか情熱とか、そういう類のものです。
それがあるから、治せる医者はいない、こじらせたら何十年経っても治らない人が大多数、一時的に治っても再発する人が多い、なんて情報を聞いても全く絶望せずに、少しでも可能性を高めるために日々の治療に全力で取り組めるし、前向きに生きていける。
一方で、それがあるからいつ終わるとも分からない今がどうしようもなく苦しく感じられる。もがいてももがいてももがいても、前に進むとは限らないし、目標まで辿り着ける可能性なんてほんとはほとんど0なのかもしれない。

でも諦めることは絶対にしない。しないっていうか、できない。諦めたって楽になんかなれないし、そんな状況でどうやって生きていったらいいかなんて全く見当がつかない。


だから、私は明日ももがきます。ずっとずっと、たぶん一生、見苦しく、往生際悪くもがき続けます。

苦しかろーが辛かろーがストレスだろーが耐えて耐えて、少しでもいい道を探して試行錯誤し続けます。

家族に迷惑かけるのがちょっと心苦しいけどね。



明日の新聞の順位表が楽しみである

横浜5連勝!すげぇ。
横浜の調子が上がってきたのと阪神巨人がますます噛み合わなくなってきたのの結果ですかね。山口が守護神らしくなってきたなあ。
さて、横浜の勝率を計算してみたら中日を上回って単独3位。これで1位広島・ヤクルト、3位横浜の順位表が完成した訳なのですよ!
1回やってみたい、この3チームでワンツースリーフィニッシュ。

カープが足りなくて寂しいので今日はパ・リーグ充してました。朴賛浩が室伏に似てると思ってたけど帽子脱いだら全然違った。オリックスのキャッチャー鈴木がヒョロヒョロで妹が驚いてた。あれでどでかい外国人選手と激突するんだからすごいよね。永井はやっぱりいいピッチャーだった。岩隈、マー君もいいけど私は永井派。


明日は試合あるかなー。これだけ雨が続くと先発大変だね。



ツイッター始めました。

ツイッター始めました。
野球のことや長文の記事は今まで通りこちらのブログでやっていくつもりなので、ツイッターは毎日の体調やこまごましたことを書いていく場になると思います。
コミュニケーションツールというよりは生活記録みたいな感じになるかな。

興味があるという奇特な方がいらっしゃったら覗いてみてください。@kayoheion2ndbs

しかし使い方がほとんど分かんない・・・。


まだまだ風邪が抜けない&母もダウンしたので本屋は中止です。ぐすん。


同率首位浮上!

イェーイ!

ヤクルトも強いけどカープもすげぇぞ!


現在久々の風邪でダウン中。
火曜日に本屋行くからそれまでには絶対治す!


中日は甘くない

今日は福井の登板予定日でしたが、お兄さんが交通事故で亡くなられたということで・・・。福井の心中も察するにあまりありますが、先日福井の初勝利で本当に嬉しそうだったご両親の顔が浮かんできてやりきれない気持ちになりました。

今日の先発は緊急登板のマエケン。今シーズンまだいまいち調子が出ないのに加えて、中4日というやや無理のある登板間隔で明らかにキレがなかったです。中日打線の調子の悪さや好守に助けられていましたが、3点のリードを守りきれず。結局8回に2点を勝ち越され、最後岩瀬に食い下がったものの1点返すのが精一杯でした。

昨日今日の試合で感じたのは、中日の底力です。打線は調子が悪いし、先発はチェン吉見を欠いていてタレント不足、守備も去年あたりから綻びが多くなってきてますが、こっちがチャンスを逃してもたもたしていたら追いついてくる。そして中継ぎ以降のピッチャーのバリエーションの豊富さと質の高さ。勝ち方を蓄積してきたチームのすごさを思い知らされました。

東出がまた調子を落としてきているのが心配です。いつもは開幕のあたりは調子よくて、5月に入ったら落ちてくることが多いのですが、今年は一週間ほど前にちょっと浮上の気配が見えただけで沈みっぱなし。いくら2番バッターでも2割切りそうなのはまずいよなあ。守備はさすがに問題なく、今日のグラブトスも超かっこよかったけど。う~、心配!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。