スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラシーソーゲーム

ものすごい試合でしたねぇ…。なんか上がったり落ちたりまた上がったりの振幅が激しすぎて。
5回までは福井のノーヒットピッチングと館山の貫禄のピッチング。6回に栗原と琢朗さんのタイムリーで先制。わーいと喜んだ直後、明らかにバテてきた福井が満塁で畠山という現在のセ・リーグで一番ヤバい状況に追い込まれ、ものの見事にグランドスラムを食らう。代わった青木も宮本にソロホームランを浴び、3点差。こりゃ厳しいなと思っていると、2番手の押本からチャンスを作り、丸のタイムリーで2点差。さらにランナー2人置いて、今シーズンホームラン2本の栗原が。やってくれましたよ、レフトスタンドに逆転スリーラン。もう大騒ぎ。
その後を岸本、今村、サファテが繋いで1点差勝利。後半戦一発目、ヤクルト戦を勝ち越していいスタートきれました。

今村がしっかりセットアッパーになってて頼もしいです。首にボールが直撃しようが、尻にボールが直撃しようが、黙々と投げる。かっこいい。妹が今村のレプリカユニフォーム欲しいと言い始めました。
復帰した東出もよくヒット出てるし、今シーズン独り相撲ばっかりで勝ちがなかったジオが内角うまく使って抑えてくれたし。赤松を右ピッチャーのときも使ってあげたいなと思うんですけどね。

3位と1ゲーム差、2位と2ゲーム差。次は中日戦、それいけカープ!



最近ご無沙汰してましたが、暑さにやられたり1日ちょっと元気になって調子に乗って暴走して撃沈したり、要するに相変わらずです。2年以上かかってきた医者が若干匙投げモードなのが困りますが。他の医者は長くて半年で諦めてたのでまだよくやってくれたとは思います。
さて、次はどうしよう。




スポンサーサイト

成長する

まさかまさかの中日3タテinナゴヤドーム!
中日が裏ローテだったおかげもあるけれど、投打がっちりで3試合ともめっちゃ気持ちよかった~。

まず第1戦、とりあえずあれだね、バリントンは野球の神様もといシュールストロム大先生がカープに遣わした天使だね。大丈夫、私の頭は正常だ。中4日で8回無失点って、ありがたすぎて平伏もんですな。あのどんな場面でも全く揺らがない精神力はほんとにすごい。そんなにすごいピッチャーなのに、ツイッターでは髭剃ろうかそのままにしとこうか真剣に悩んでんだぜ…。萌えるわチクショウ。
この試合で輝いたのは井生。13年目のプロ初ホームランっていう言葉の中には、ものすごい重さが詰まってる。プロ野球という過酷な舞台で、思うように結果を出せないまま、気持ちを切らさずに励み続けた結果。すごい、ほんとうにすごい。

さて、プレイボール前に東出がハムストリングやっちゃったという情報を聞いてがっつり落ち込んだ第2戦。
先発のソリアーノが若干の悪い癖は残っているものの成長したピッチングを観せてくれて、中継ぎ抑えがきっちりつなぐ。丸のホームランや栗原のタイムリーが欲しいところで出て、投打のバランスで勝てた試合。
いやあ、サファテって野球の神様もとい(以下略)。
東出の代役で出た高明も久々の一軍でいい活躍観せてくれました。

初回乱調の伊藤から2点を取って攻撃が終わったとき、もうちょっと点が欲しかったという親父に2点がちょうどいいんだよ、下手に大量点取ったら篠田が浮き足立って絶対良いことにはならない、と言ったら若い癖に見方が吝いと言われた3戦目。
粘りと若干のラッキーで5回を無失点で投げきった篠田の久々の勝利とか、赤松の根性スクイズとか触れたいポイントはいくつもありますが、なんかもうものすごい、とんでもないものを観てしまったと思ったのは6、7回を投げた今村のピッチング。
去年の今村は一軍の壁に跳ね返された期待のルーキー。今年の今村は先発ではいまいちだけどリリーフではいい結果を出すから徐々に先発が早めに降りたときのイニング稼ぎから勝ちパターン要員になってきた若手。ストレートはそこそこ速くて重い、変化球はハマれば結構威力がある。これから経験積んで中心選手に成長して欲しいなあ、前の日まではそういう感じで今村のこと観てました。
でも昨日マウンドにいたのは私の知らない今村でした。右バッターのアウトローに150キロのストレートを、完璧なコントロールで投げ込む。バシバシっと変化球でカウント稼いで、最後はストレートで三球三振。少々粘られても全く動じず、淡々とものすごい球を投げ込んでいく。解説の権藤さんいわく「白鵬が平幕と相撲取ってるみたい」な別次元ピッチングでした。
人の成長というのはこんなに凄まじいものなのかと、半ば呆気にとられながら思いました。確かに最近伸びてきてるなとは思ったけど一気にここまで行くか。
もちろんこれから波はあるでしょうが、ほんとにいいもの観せてもらいました。


またチームが動き出してきた感じがしますね。春先のような、前に突き進んでいくパワー。ケガ人だらけなことも長打力不足も変わってないのに、流れが変わってくると若手ベテランとわずアグレッシブさが出てくる。負けが込んでるときはことごとく逃げていた紙一重がこっちに転がり込んでくる。
井生の長年の努力も今村の急成長も全部チームの力になっていく。成長する、選手も、チームも。その過程をずっと観てきたから勝利がひときわ嬉しい。
これだからカープ最高なんだよなあ。



逆天王山

勝ち越せて良かった。9連戦の地獄日程の中で負けが込んだら疲れ3倍でしょうしね…。

1戦目は初回にぱーんと4点取った後で福井が一気に3失点、荒れるかと思いきやなんとか立て直してくれて、効果的に追加点も取れて逃げ切れました。いやーひやひやしたわー。
2戦目、先発の恭平が変化球を効果的に使ったプロ入り後最高のピッチングを展開しました、が。まさかのボークで失った1点で負け投手。ボークは当然防げたことなので要反省ですが、チャンスすら作れなかった打線はそれ以上に反省。高崎に2週連続でやられちゃったんだもんな。
3戦目、序盤はマエケンの奪三振ショー。今まで去年の威力を求めてしっくり行っていなかったストレートが、適度に力が抜けたせいかものすごく伸びやかになってて、追い込んだあと決めきれずに苦労していた前回までとはふた味くらい違う内容でした。中盤以降ちょっと乱れましたが、マエケンの新しい姿が見えたような気が。
打線は5回までノーヒットと昨日を思い出すような内容でしたが、6回に東出のツーベースヒットを口火に栗原と小窪のタイムリーで2点。これをマエケンと、前回久々に失点してしまったことなんて全く関係ないサファテが鬼のようなピッチングで守ってくれました。

この3連戦通じてよかったのは先発がきちんと役目を果たしてくれたこと、栗原に欲しい場面でタイムリーが出たこと。

オールスターまでに一つでも借金減らしてこう!



ふたけた…

ついにセ・リーグ勝ち越しも0ですか。ずっと白黒で来た後、目下Aクラス争いのライバル・巨人にまさかの3タテくらっちゃいましたよ。
バリントンが中4日で頑張ってくれたのに抵抗らしい抵抗もできずに負けたのはもったいなさすぎる。
長打力を云々する前に、そこそこいいピッチャー相手ならヒットもろくに打てないからなかなかに深刻ですねぇ。
これから連戦も暑さも厳しくなってきますから、ほんとにみんな超頑張れ!



私は梅雨明け初日の昨日、暑さにやられて昼間はリアルに足腰立たなくなってましたが、今日は慣れたのか若干ましでした。最近調子良かったから、あれだけのぐったり久しぶりでした。早いとこ夏に順応できますように。



3勝2敗

リーグ戦再開後の出だし、まずまずですね。
なんと言っても謙二郎監督の両手突きが衝撃で。熱血でも我を忘れるような人ではないと思っていたので、一瞬ポカーンとしてしまいました。その気合いに前田様と琢朗さんが応えるって出来すぎですね。
その試合に初先発した中村恭平(中村が2人いるから呼び方模索中。取り合えず恭平で)、6月の頭にファームで完封した時から手ぐすね引いて待ってました。全然萎縮しないピッチングで、上々の結果出してくれて嬉しいです。

北陸シリーズは先発の出来で決まりました。福井が突然制球乱しちゃうのは何でなんでしょう。前のイニングと全く別のピッチャーになるのが不思議。
中4日で登板したバリントン、いえバリ様は期待以上に働いてくださってもう平伏するしかありません。天谷が地元タイムリー打てて良かったです。

しかし梵…。ケガしてんじゃねーよぉ…。早く帰って来いよぉ…。


リーグ戦再開してつくづく思いました。やっぱパ・リーグのほうが強いわ。カープの戦いのレベルが変わった訳ではないのに、それなりに勝ててるのはぶっちゃけセ・リーグ野球がヌルいから。詰めが甘かったりミスしたりしたとき、パ・リーグは高確率でそれを厳しく突いてくるけど、セ・リーグではそのままなんとなく流れてしまう。うーん、チャンスがあるという意味ではいいけど、やっぱり複雑。


最近調子が良いんです。日中は基本ずっと起きていられるし、ちょっと疲れても翌日そこまで引きずらない。万々歳なんですが、すでにブログの更新頻度が落ちてきてるのは、調子良すぎて読書や勉強にマジになっちゃってるからだったりします。試合はがっつり観てるんだけど、ぼーっとブログの内容考えたり携帯いじったりする時間が減ってしまって。なので、今回みたいに数試合分まとめて更新、みたいなことになるかもしれないしならないかもしれない。全ては気分と体調次第です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。