スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信と目標と感謝

来週の中頃から西日本はガクッと寒くなるそうで・・・。母(極度の冷え性)と私(すぐ風邪ひく)は手を取り合って恐怖で震えています。

秋になって気温が下がってからは、1週間程度の風邪っぴきと2週間程度の小康状態が繰り返されています。風邪がひどいときは食事以外は寝たきりで、食欲もかなり落ちてぐんぐん痩せてしまうので、小康状態の時にできるだけ食べて体重を維持するようにしています。ベッドから起き上がれないときは読書くらいしかすることがありませんが、ただでさえ虚弱な普段よりさらに体力の落ちている風邪ひき時は、本を支える手がつってしまいます。なんかうまい解決策はないもんでしょうか。1,5キロのハードカバーも支えられる寝たまま読める書見台・・・。あったとしてもめちゃくちゃ高そうですね。

本つながりで、先日、病院帰りに広島駅前のジュンク堂に1年ぶりに行ってきました。文庫コーナーが充実してるので大好きなんです。自分の足ではとても店内を巡れないので、先日紹介した「マーティ・ブラウン号」(車椅子)と母にお世話になります。高いところの本が取りにくかったり、通路をふさいでしまって他のお客さんの迷惑になってしまったりもしましたが、自分の体力の限界を気にすることなく本が選べて満足です。カープカレンダーも買ってきましたよ~。

読書以外の楽しみはスポーツ観戦ですが、Jsportsplusが入らないのでアジアシリーズが観られず。今は専ら相撲観戦です。こたつにもぐってお茶をすすりながら相撲を観る姿はご隠居さんそのものです。まだ二十歳なのに。

そんなこんなで弱っているなりに、それなりに過ごしています。最近「いつかは治る」という妙な確信が生まれています。治療法が見つかったわけでも、快方に向かっているわけでもないのですが。根が楽観的なので、長期間深刻に悩み続けるのが苦手なんです。この1年間たっぷり悩んで考えたことで、何があっても自分は腐らずにやっていけるという自信もつき、以前は漠然としていた「やりたいこと」もはっきり見えてきました。今はそれに向けての準備を体に負担がかからない範囲で少しずつ、少しずつ進めています。

辛かった時期からここまで立ち直れたのは、やはり周りの人たちのおかげです。いつも気遣ってくれる家族、話しに来てくれる友達、手探りながらも治療法を模索してくれる病院の先生、このブログを読みに来てくれる人たち。みんなに感謝です。


コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。