スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合同自主トレ開始

大野練習場での合同自主トレがスタートしました。大勢の選手が練習に励んでいる姿をテレビで見ると、いよいよ今年のカープも動き始めたな、とファンも気合いが入ります。

広島の予備校に通っていたとき、通学電車(山陽本線)が大野練習場のすぐ前を通過するので、毎日、朝夕電車の中から「今日も頑張れ若手たち!」「明日も頑張れ若手たち!」と念を送り続けていました。寮の前を選手らしき人が歩いているのを見かけたら、背格好から誰かを必死で推測したり。・・・って、今気づきましたけど、この行動なんかストーカーチックですね。我ながら危ないなぁ。

大野練習場は、厳島神社のすぐそばの海に臨んだ超・風光明媚ないいところです。あのあたりの店で売ってるカキも大きくてめちゃくちゃおいしいんですよ~。で、ファンが比較的自由に見学できるのもいいポイントの一つだったのですが、いろいろとトラブルがあったために合同自主トレ中のファンの立ち入りが全面禁止になってしまったそうです。この決定は球団としても本意ではないでしょうし、広池選手もブログに残念だ、と書いていました。カープとカープの選手が好きなはずのファンの行き過ぎた行動が、カープとファンの距離を広げてしまうなんて、なんだか悲しいです。やはり、選手には野球に集中してもらうのが第一。サインなどのファンサービスのお願いは支障のない範囲で、という基本的なファンの心得をきちんと守らなければならないな、と再認識した次第です。


コメント

モンゴルの凍原駆けりブルーウルフ

プロレスは正解。リングネームはブルーウルフでした。

まずは前から書かせていただきたかったことを。
サブタイトルが!か、変わってる!って、遅いわっ!!
「新球場」というのは、あっさりし過ぎているのではと
想いました。それが狙いなのかもしれませんが。
広島市民球場がその使命を終えた今こそその名を
忘れないようにあえてこのブログに残してほしかった
ような・・・。あるいは、ちっちゃ~く、とってつけたように
「新」の字をいれるとか、今更ですが。
あくまでも個人的な感想なのであまりお気になさらない
でください。

あっしは大野練習場に行ったことがない。
選手から直接サインをもらったことすらない。
あっしにとってカープの選手はフィールドの中の人。
で、あっしは外の人。しかし球場でテレビ、ラジオの
応援で同じゲームに集中することによって選手と
一緒に野球の一部になれると考えています。
ファンあってのプロ野球といいますが、プロ野球、
選手あってのファンでありたい。
選手とファン、ファン同士がお互いを尊重しあうことが
理想ですよね。

たしか20世紀最後のシーズンだと想うんだけど。
東京のウラ寂れたテント小屋(東京ドームともいうらしい)の
通路で大下剛史さんとすれ違ったことはある。
あん時ゃあ、びびったね。
すれ違いざま怒られるんじゃないかと想って(烈笑)

>>クネス14さん

ブルーウルフ、「蒼き狼」、うん、モンゴルって感じですね。あんまり関係ない話ですが、幕下の蒼国来という内モンゴル自治区出身の力士のしこ名を見るたびに、「♪蒼い国から~やって来た~」と某魚アニメのテーマソングのメロディーが頭に流れます。

サブタイトルは自分の力で野球観戦に行けるくらい元気になるぞ、という決意のようなものなので、今年は「新球場」に変えてみました。「新市民球場」と迷いましたが、「新球場」のほうが一般的な呼称のように思ったので。

「プロ野球、 選手あってのファン」、いい言葉ですね。選手は全力で試合をし、ファンはそれを一生懸命に応援し、お互いが感謝の気持ちを持って尊重しあうことによって、プロ野球はより豊かなものになってゆくのだと思います。

しかし、大下さんは生で見てもやっぱり怖いですか(笑)。伊達に鬼軍曹と呼ばれてないですね。大下さんが解説する試合はものすごく勝率が高いので、我が家では「ラッキー軍曹」と呼ばれているとかいないとか。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。