スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の続きです・・・

前回引き続き、ちょっと暗い話です。開幕前に全部吐き出してスッキリしてしまえ、ということで。

前回は「やりたいことも楽しいこともできないのはツマラン」といったことを書きましたが、もう一つ拭いきれないのが「役立たずの劣等感」です。
実際、今私が生きていることで恩恵を受けている人間は一人もいません。誰の役にも立てないどころか、生活面でも経済面でも、家族の世話にならなければ生きていることすらできません。そして、自立できる見込みも今のところナシ。人から助けられるばかりで、自分から人に与えられるものは何一つない。「病気だからしょうがない」と思ってはいるのですが、今ひとつ納得しきれないのです。焦っても何の意味もないことは分かっているのに、クタクタになるまで勉強してしまうのも、自分だって何もできない訳じゃない、と思いたいがためなのかもしれません。中途半端なプライドや向上心はこの場合百害あって一利なし、といった感じです。
人のために生きられない、かといって自分のためにも生きられない、といった状況で上手く心の置き所を見つけられずにいます。

こういう問題は悩み続けることが唯一の解決策だ、というのがこの1年半の病人生活で得た結論です。去年の今頃は、病気になったことを受け入れられずに苦しんでいましたが、思考停止に陥らないようにひたすら考え続けることで、そのことについては自分である程度の折り合いをつけることができました。その上で生まれてきたもう一段階上の今の悩み ―病気を受け入れつつ、かつ治る希望も捨てず、病人として生きる上での心構えをどのように持つか― についても、自分の中の答えが出るまで粘り続けるしかありません。


あー、言いたいこと思いっきり書いたらちょっと楽になりました。このブログを読んでくださってる方はカープファンがほとんどだと思うので、あんまりみなさんに興味のない話(しかも暗い)をするのは控えた方がいいかな、とも思ったのですが、ずっと平気なふりをして明るいことばかり書き続けてたらそのうち無理が来る気がしたので、今回吐き出させていただきました。

次からは思いっきりカープの話で行きます。開幕も迫ってきましたし、ちょっとでも体力溜めておかなければ。


コメント

No title

お久しぶりです。
以前、メールの返信の内容を読んだときに思ったのは
読み手に気を遣いすぎだなって。

もちろん礼儀もあるからある程度の建前も重要だけど
相手を気にして自分の思いを押し殺すのは精神衛生上よくない。
結果的に相手のためにならない事だってあるし。

むしろ思った事をフランクに書いてに他の鯉ファンの人に読んでもらう方がいいかも。
気持ちが楽になるだろうし。
体の怪我と同様、心の痛みもほっとくと悪化するものだから。
ってのが自分の感想です。

No title

「役立たず」・・・自分から見ての紫苑さんはそんな事はないですよ。

紫苑さんは同世代のはずなのに、文章の書き方もとても上手で、いつも色々な事を考えているという事で勉強になっています。

ここは見習わないと・・・!と思う事がとても多いです。
そして自分の甘さも痛感・・・

なんだか上手く書けませんが、自分には紫苑さんはとても役立たずとは思えないと言いたかったという事です。

>>Kさん

お久しぶりです。
気を遣いすぎですか・・・。あまりそういう自覚はなかったのですが、知らず知らずのうちにストレス溜めてしまっているのかもしれませんね。
自分の中でぐるぐる悩んでいるのが辛くなって書いたのですが、私のこういった独り言を読んで、気遣ってくださる方がいる、というだけでもすごく気持ちが楽になりました。

もうちょっと気楽に、たまには愚痴もこぼしつつ、やっていこうと思います。

>>すまっしゅさん

ありがとうございます。うう、なんて嬉しいお言葉・・・。

文句も言わずに支えてくれる家族がいたり、帰省のたびに遊びに来てくれる友達がいたり、こうしてネットを介して励ましてくれる人がいたり、私はつくづく人に恵まれてるなぁと思います。
そういった人たちが、私の言葉や生き方に何かを感じてくれたならば、これほど嬉しいことはありません。

胸を張って、でも頑張りすぎないように、しっかり生きていこうと思います。

嫌われ者参上

「役立たず」と思っている(?)のならばなおさら、
父上、母上に、
感謝、感謝、感謝・・・を、し尽くしてあげてください。
とびっきりの笑顔で「ありがとう」と言ってあげてください。
父上、母上は、
紫苑さんの笑い顔を見る事で、どれだけ幸せな心持ちになっておられるか・・・

紫苑さんは「役立たず」なんかじゃない。
あなたの存在そのものが、ご両親にとっては生甲斐なのです。
父上、母上をハッピーにさせるというお勤めを、惜しみなく実行してください・・・・



他人を幸せな気持ちにさせるって「大仕事」なんですよ。
紫苑さんのブログを読んで心地よい気分になっている方は大勢いるんだから・・・
まっ、こういう時もあるって事で、無理はせず自分のペースでボチボチ行きまっしょい。

>>なにわ東洋カープさん

きちんと自立して親に迷惑をかけたくない、と思う余りに、両親のありがたさに無頓着になっていたかも知れません。今できることが感謝しかないのなら、それを精一杯することが恩返しになるんですね。
改まって何か言うのは照れくさくて難しいですが、ちょっとしたときに今までより気持ちを込めて「ありがとう」と言ってみようと思います。

これからもうだうだと駄文をものしていきますので、ぼちぼちおつきあい願います。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。