スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連勝発進! 対巨人5-3

いやー、興奮度高い試合でした。特に栗原のホームラン!もう最高です。

今日の先発はマエケンと内海。内海はさすがの内容で、カープは5回までマエケンのツーベース一本のみと押さえ込まれてしまいます。一方のマエケンは2回、スンヨプと阿部に連続ホームランを浴びて2失点。立ち上がりから落ち着いて投げていたように見えましたが、やはり巨人の3~6番の威圧感は恐ろしい。
6回に赤松のホームランで1点を返しましたが、ビハインドのまま試合は8回へ。この回から登板したマイケル中村にツーアウトを取られた後、東出のフォアボール、喜田のデッドボールでランナーを溜め、栗原がレフトスタンドへ打った瞬間カープファン総立ちの逆転3ラン!私もテレビの前で大騒ぎでした。その後シーボルの2試合連続、何とも不思議なスイングのホームランでもう一点追加。8回をシュルツ、梅津、横山の継投でなんとか1失点でしのぎ、9回は永川がうなる内角のストレートできっちり締めました。

8回の攻撃はもちろんですが、2回に点を取られて以降の守りが素晴らしかったです。3回の梵の連続ファインプレー、5回の東出のカバーとバックホーム、石原の完璧なブロック。7回、シーボルの3塁線深い位置からのノーステップスロー。8回、キムショーの勝利を決定づけた大ファインプレー。そして、遺憾なく発揮されたマエケンの真骨頂・粘りのピッチング。一つ一つのプレーに、高い集中力と勝利への意識が感じられました。

栗原がWBCから帰ってきて変わりました。今までは頼りになるけど先頭に立ってチームを引っ張るという雰囲気ではなく、どちらかというとおとなしいイメージでしたが、昨日のタイムリー、今日のホームランと、今まででは考えられないほど喜びを表し、またベンチでも味方のプレーに声を出したり、ガッツポーズをしたり、誰よりも大きなリアクションをしています。そして、栗原に引っ張られて他の選手も今まで以上に強烈に「勝ち」を意識して試合に臨んでいるように見えます。文句なしの実力にキャプテンシーまで備わって、WBCをきっかけに栗原がまた一回り大きくなりました。


コメント

No title

栗原は大きなリアクションで喜びを表し、他の選手が打っても同じように喜ぶ。
そして試合中は、闘志全開でプレーが出来ている。守備にも好影響が表れていますよね。

栗原がチームを引っ張るなんて、振り逃げを走らないでミスをしていたりした頃には考えられませんでした。嬉しいですね!

二勝目!

今日も逆転勝ち。
点を与えない、与えてなるものか・・・「攻撃的守備」。
皆が二十歳のベテラン「マエケン」している、そのように観えます。
野球は点を取る時だけが「見せ場」ではないって事。

\(^O^)/!!ーーーーヽ(▼Д▼)ノーーーーー!! \(^O^)/


>>すまっしゅさん

あの振り逃げしなかったことは本人も相当気にしてるみたいですね。あのころはまだ自分のことしか考えられなかったのかもしれません。
その後4番になって自分の力でチームを勝たせる自覚が生まれ、今回WBCを経験したことで勝利への意志が格段に強くなったようです。まだまだ進化しますね、栗原は。

No title

マイケルが突然崩れたのが逆転のきっかけですが、それも1点差で粘り続けた守備あってのことですもんね。
マエケン粘りと栗原の気合いが全選手に伝播しています。
祝・連勝☆-ヽ(*´∀`)八(゚Д゚ *)ノイエーイ!

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。