スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森崎選手へ

まずはこちらの記事をご覧ください。

広島・森崎和が慢性疲労症候群…全治不明

サンフレッチェ広島の森崎和幸選手が慢性疲労症候群と診断されたそうです。もともと似た症状のオーバーワーク症候群の診断は受けていたそうですが、それが悪化してしまったのでしょう。

慢性疲労症候群は確立された治療法がなく、また原因もはっきりと解明されていないので患者も医者も手探りしながらというのが現状です。焦って無理を重ねると確実に悪化してしまうので、体に過度の負担がかかることは見合わせなくてはいけません。私の場合は数年遅れたとしても目標への道が閉ざされてしまうわけではないのですが、スポーツ選手は一年一年が勝負。そんな立場の人がこんなやっかいな病気にかかってしまった気持ち、想像するだけで切ないです。
周りに迷惑を掛けてしまうことで自分を責めたり、あれがいけなかったんじゃないか、あのときこうしていれば・・・と延々考えてしまったり。頑張りたいのに体が動かない、そこで責任感や根性で無理矢理動けばさらに悪くなってしまう。じっとしていると何て情けないんだ、という気持ちに飲み込まれてしまう・・・。めちゃくちゃ辛いと思います。
また、一般の知名度が低く病名もあまり適切とは言えないため(慢性疲労症候群、って聞いたら休めば治るような気がしませんか?)、中には根性が足りない、怠けている、気合いを入れればそんなの治る、と言う人もいます。しかし、慢性疲労症候群を発症する人は、少々疲れているときでも体の声を無視して頑張ってしまう、真面目なタイプが多い傾向があるそうです。それに、健康な人が何も考えずに上れる駅の階段を、一段一段気力を振り絞って上らなければならない人に向かって根性が足りない、というのはあまりに残酷です。

サッカーが出来るまで完治する確率は決して高いとは言えませんが、早期の発見であれば回復する望みはかなりあります。どうか、また和幸選手がピッチに立てる日が来ますように。同じ患者として、またかくれサンフレファンとして、祈らずにはいられません。



コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。