スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦力外第二弾

出ちゃいましたね…。ドラフトで結構穫ったからちょっと支配下選手枠ヤバいかな、とは思ってたのですが。
河内はもう一年様子を見るんだろうと安心してたのでちょっとショックでした。ものすごい身体能力があるにも関わらずフォームがうまく固まらなかったり、怪我に泣かされたりと苦労しっ放しでしたね。怪我持ちだとトライアウトもなかなか大変だろうし、どういう道を選ぶのでしょう。
山中も支配下登録を果たせずに戦力外。将来性に期待されての入団なのに、比較的短期間で結果を出さなくてはいけないのが育成選手の辛いところ。そういえば投球を観たことがないんだ…。なんだか寂しいです。



コメント

ドラ一が一から出直し育成か

あっしも少なくとも一年は猶予を与えてくれと勝手に想っていました。

育成選手として残る可能性もあるみたいですが・・・。

ドラフトの余韻もふっとびましたわ。

あっし的には外国人枠で調整するのかなと。

ピッチャーってフォームなんでしょうね。

みんな理想のフォームを追求していくうちに夢

破れていく。

肩や肘その他の部分に負担をかけることなく

ボールに力を伝え最高の投球をする。

河内選手のことを想いながら考えました。

寛ちゃんなんて意外と(というと失礼か)

固めるのが上手いのかな!?

山中選手も残念というか

カープは育成選手からなかなかでてきてくれませんねえ。

つーか、枠自体がないんですけどね。

毎年の行き当たりばったり補強のおかげで。

>そういえば投球を観たことがないんだ…。

ですね・・・。全員が一軍で活躍できるわけじゃないと

わかっていてもやっぱ寂しいし厳しいですね・・・。

>>ク・ネスさん

ピッチャーって、ある程度天性のフォームを持っているタイプと、頭で考えながら作って行くタイプがいる気がします。大竹はどちらかというと前者、河内は典型的な後者。どちらがいいということはないのですが、河内の場合は考えすぎて袋小路にはまってしまったのかなぁ…と。素人考えですが。
確かにカープは育成枠を活用できてませんね。いい選手を獲得する、支配下枠を空けておく、そして何より実戦の機会を増やす。そういう面は巨人を筆頭にイースタンリーグのほうが数段進んでる気がします。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。