スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書再開

野球観戦と同じくらい好きなのが読書。
しかし昨年末から頭痛がひどく、2ヶ月ほどほとんど読めませんでした。活字中毒も病気には勝てないみたいです。
ここ2週間ほどは比較的体調もよいので(といっても自力で100メートルも歩けないのですが)、少しずつ読書を再開してみました。短編小説、長編小説、科学や歴史など学問系、の3冊をザッピングしながら読む変なクセがあるので、今読んでいるのはこの3冊。

・芥川龍之介全集4  筑摩文庫
一番好きな作家です。第3巻で「黒衣聖母」というあまり有名ではないけど私好みの作品を発見。全集の醍醐味ですね。

・第四間氷期 安部公房  新潮文庫
安部公房もかなり好きです。読んでると気持ちがザワザワして落ち着かなくなるので長時間は無理ですが。これはSFっぽいミステリーでなかなかキモ面白いです。

・生命40億年全史 リチャード・フォーティ 渡辺政隆訳  草思社
文系人間でもじっくり読めば理解できるのがありがたい。表現がユニークで楽しいです。


元気なときはどんどん読んで読んだら読みっぱなしでしたが、今は頭が思うように動かないぶん、じっくり理解できている気がします。病気も悪いことばっかりじゃないかも知れません。

カープネタがないときは、気に入った本などについて書くつもりです。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。