スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸2年が経ちまして。

お久しぶりです。毎日30分ほど散歩する以外はひたすら活字と睨み合いというカビの生えそうな生活を送っております。この前更新したときは、負荷を掛けて体を動かすとそれだけでガス欠を起こして読書も勉強も全くできない状態でしたが、だんだんと慣れてきて体は疲れていても読書はできるようになりました。体調もちょっとは安定してきた気がします。目に見えて良くなってるわけではないのですが、ちょっとずつは変わっていってるような。

そんなこんなで発病して丸2年が経ちました。ほとんど引きこもり状態で外部からの刺激なんて皆無に等しかったのですが、自分の中では人生観根本からひっくり返った長くて濃い2年間でした。
最初のうちはもう体も気持ちもしんどくてしんどくて。今まで大事だと思ってたもの、当たり前だと思っていたものを引っこ抜かれて、私史上最大の混乱状態でした。夜中に一人でポロポロ泣いたりしてたからな・・・・。突然焦ってみたりふて腐れてみたり、とにかく不安定で。1年経った頃にはだんだん覚悟のようなものができてきて、もうとにかく徹底的に考えてみようと。楽になろうなんて思わずに、存分に不安と向き合ってみようと決心して、半年くらいかな、哲学書つついてみたり、朝までああでもないこうでもないと考え続けたりしました。そして今年の春頃、「あ、わかった」と思える瞬間がありまして。感覚的なものなので上手くいえないのですが、いい人生も悪い人生も、幸せも不幸もなくて、ただ「生きている」ことが全てなんだな、と自然に思えるようになりました。「~のために生きている」んじゃなくて、「生きている」というでっかい基礎こそが全てといいますか。うーん、やっぱり上手くいえないな。すこーしだけ悟ったんだと思います。
それからはぐるぐる悩んだりすることもなくなって、元気になりたいからきっちり努力する、楽しいことは楽しむ、やりたいことは時間がかかっても見失わない、というものすごくシンプルな考え方で今生きています。ここまでたどり着けたらこれからの人生もけっこうすっきり乗り切れる気がします。


野球ちょいちょい。すごく遅くなりましたが、祝シュルツ残留。赤星引退は結構ショックでした。惜しいなあ・・・。

あ、全然関係ないんですが、前回ちらっと書いた我が家の嵐ブーム(私は勢力圏外)吹き止みそうにありません。こないだ母(デビュー前からの二宮ウオッチャー歴12年)と妹(脳内の9割が大野)に「ニノとおーちゃんどっちが可愛いと思う?」と聞かれたときはマジで困りました。2人とも目が怖ぇーんだもん。
さんざん妹の話に付き合ってるので、私嵐ファン名乗っても多分バレませんよ。妹と1週間も離れていたらメンバーの顔すら思い出せなくなる可能性高いですけど。



コメント

「息」をしている・・・。

七〇年代前半人間は地球にとって癌細胞だった、特に日本国は切除しなきゃならないほどだった。
今じゃ癌が地球を気遣って新手の癌に戦々恐々している。
宇宙から眺めると自分なんか癌細胞と云うよりは、葉に巣食うアブラムシかも・・・・。

あまりの寝つきの良さに対して、我がことながら不気味さを覚える歳になりました。
しかし数時間経てば、目覚めるんだよなぁ~ 不思議と。

「何」を新陳代謝しているのだろうか。
当り前と云っちゃ身も蓋もないけれど、
自分の意志とは関係ないみたい・・・・・

>>なにわ東洋カープさん

そうですねー。なんか「生きている」ことを思うようにコントロールできるほど人間って頭良くないんじゃないかなって思います。人間である以前にただの生物ですから。
たぶん人間が自分の意志で決められることなんてほんの少しで、そのほんの少しを大切にしつつ、でも所詮ほんの少しに過ぎないと自覚しつつ、というのが大事なのかな、と。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。