スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレード

今速報見てびっくり。長谷川+喜田剛←→オリックス・迎+金銭。
私の中で迎は「2軍の帝王」というイメージ。2軍では三冠王とか獲っちゃうのに1軍だとあれれ?みたいな。環境が変わって伸びてくれることを期待しての獲得ですかね。代打、代走、守備固めに使える右の外野手と考えれば、アリですね。よろしく迎くん。
そして我がカープから旅立つ2人ですが。喜田剛ってカープに3年しかいなかったんですね。なんか5年はいた気がしてました。喜田剛が代打に出てくると、球場のボルテージがグワッと上がるんですよね。実際の打率以上に何かを起こしてくれそうな雰囲気を持った選手でした。守備に難があったのがレギュラー獲りの障害だったかな。
そして長谷川。2001年に9勝して、翌年13勝して。あの頃次のエースは長谷川だと思ってました。はっきり覚えてるのが2002年ヤクルト池山現役最後の打席。リリーフで登板した長谷川の152キロのストレートに池山が豪快な空振り三振したシーンに猛烈に感動して、駆け出し野球ファンだった私はますます野球にのめり込んでいったのでした。それだけに最近の投げる度に打たれてしまう姿は観ていて辛くて。オリックスで輝きを取り戻すことを願ってます。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。