スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぬぬぬ。

い、生きるのがつらい…。
死にたい訳じゃないけど、一時停止ボタンくらいは押させてくれ…。


恐怖の花粉症が今年もやって来ました。顔がかぶれて腫れて理性が飛びそうなくらい痒いです。
引っかいたり叩いたりした傷から顔面がただれ落ちてしまった去年の経験があるので、今年はどんなに痒くても掻いてません、今の所。顔に伸びそうになる手を押さえるために両手を握りあわせたり、痒みを紛らわせるために手の甲をつねりあげたりして耐えてますが、いつまで持ちこたえられるか。これからどんどん強烈になっていくであろう痒み、ふとした弾みで掻いてしまったときの自己嫌悪と膿が流れ出して皮膚がなくなっていく感覚を想像すると暗澹たる気持ちになります。
痛み痒みと不快感と恐怖が四六時中途切れることがないので、花粉の飛散が収まる2ヶ月後まで正常な精神を保っていられる自信ははっきり言ってありません。去年以上にひどかったら、多分ストレスで壊れます。

主治医がアレルギー症状を薬で抑えるのに反対する主義の人で、去年もそういう趣旨の相談をしたら、症状を抑えたらそのぶん病気の治りが悪くなるから我慢しろと言われて、結局全て出るに任せました。
ただ、我慢にも当然限界があるわけで、いくら抑えるのが体に悪くても無理なものは無理。食事制限や生活習慣についてはできる限りの我慢をして言うことを聞いてきましたが、自分が壊れそうなほどの苦痛を耐えぬくところまでは従えません。

明日、主治医に直談判して、きっちり事情を説明して以前かかっていた皮膚科に行こうと思います。
こういう訳の分からない病気を匙を投げずに診てくれる医者は貴重なので、出来るだけ主治医の機嫌を損ねないように話を進めたいのですが…。得意の口八丁と、場合によってはやったことのない泣き落としまで駆使して頑張ってみようと思います。

かなり心細いのでよければ応援しててください…。



コメント

元気ですか?

久しぶりなのは理由があります。

鬼のカクランです、馬鹿が風邪をひきました。
実際は風邪ではなくビールスの攻撃に耐えきれなかったのが真相です。
年末年始の過労からくる体力の後退につけこんだ新型に為すすべもなく
39度の高熱、ダウンしておりました。
爬虫類系の低体温の身、何年かぶりにうなされる日々でした。
健康の有難味、普通である事の奇跡を再認識した週でした。

どうなんでしょう???
西式健康法という医学をご存じか?
自分はほんの少しだけですが、
実践しているって云うか・・・齧っています。

西式は「症状」すなわち「療法」である。
「症状」とは体が正常になろうと努力している生理現象である。
「症状」とは元の体に戻そうしているんだ・・・
という民間療法と云うよりは教義みたいです。

「症状」を対処療法で化学薬品によって抑え込むのは如何なものか。
と、頭で判っていてもねぇ・・・・



自分が西式で体質改善ができたなぁと認識できたのは、
皮膚を鍛えてほとんど風邪をひかなくなった事。
「温冷浴」を継続は力なりと行ってきたおかげです。
ところが何年かぶりでインフルエンザに不覚をとっちゃったわけで、
いつまでも若くはないってことでしょうか。



姿勢を正し、まずはカニババの排泄、腸のクリーニング。
しかし、それができない飽食せよの世、足るを知らない餓鬼根性。

消化するのにも体力がいるというのは実感です。
人体という「化学工場」にも休業日は必要ですよね。
世の中には小食を通り越して限りなく不食でも生きている方もおられるとか。

命を喰らい生き永らえているという意識、
だからと云って酒だけですますのもどうか??w

何を云いたいんだか・・・
紫ちゃんを応援しているつもりなのか・・・
ラグビーって後ろにパスしつつ前進するスポーツなのでした・・・

>>なにわ東洋カープさん

うわー、インフルエンザ大変でしたね・・・。39℃は辛かったでしょう。私も気をつけます。

西式健康法、CFSの患者さんで実践されてる方も多いので、ちょこっとですが知っています。
私が今やってる食事療法も西式に結構近い感じです。肉や砂糖を摂らないのはなんとかできるようになったのですが、元が大食らいなので量を抑えるのに結構苦労してます。

症状を抑えるのは良くない、合成薬は使わない方がいい、というのは特に私のような病気の人にとって大事なことだとは思います。できる範囲でそうやっていくのはやぶさかではないのですが、耐えられる範囲を超えてその教義に殉じた結果、精神的におかしくなってしまっても助けてくれる人は誰もいないわけで。
そこは自分の責任で判断していかなきゃな、と思ってます。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。