スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春場所中止

っぽいですねぇ。開幕前の楽しみがなくなってしまいましたが、これは避けられないでしょう。

今回の件、ああー、ついに物証でたかー、が最初の感想でした。
千秋楽に7勝7敗の力士が異常な勝率。明らかに無気力相撲なのに知らんふりでもっともらしく取組解説するテレビ中継。げんなりさせられたことは多々あります。


このご時世にまだ八百長がしっかり生き残っていたこと。私見では、大相撲に関わる人たちが、自分たちは社会に許されているから存在できているんだという意識を持てなかったことが原因ではないかと。

相撲協会の人たちは、大相撲をスポーツだとは思っていません。競技者と、フィールドと、道具があればいつでもどこでも成立するスポーツと、歴史や伝統で固められた舞台の上でしか存在しない大相撲は根本的に違う。
その意識が間違っているとは言わないし、そういうものを軽んじて何が大相撲か、という意見には賛成です。

ただ、その結果成立する超閉鎖社会の弊害にあまりに無頓着すぎたのではないかと。
例えば他のプロスポーツで八百長が発覚して大騒ぎになったとき、特殊意識のため自分たちの八百長も同じことだという発想が持てない。仮に持てたとしても、実体のない「世間」への意識より長年培われたしがらみのほうが圧倒的に強い。自分たちは特殊なんだから、世間に合わせる必要はない、という人で上から下まで固められた組織が自浄能力なんて持てるわけありません。


相撲協会は、相撲ファンもNHKも日本政府も紛れもなく世間の一部であること、そして、それらの支えがなければ自分たちは一秒たりとも存在できないことを忘れていた。
大相撲という素晴らしい文化を守ることと、自己批判しないことをイコールだと勘違いしていた。そう思えてなりません。


これから大相撲がどうなっていくのか、正直さっぱり分かりません。怖いです。
間違った自己保存本能は自分の首を絞める結果しか招かないことを自覚する、これが最後のチャンスなのか、そのチャンスはもう過ぎてしまったのか。


温いながらも相撲を愛しているものとして、ハラハラしながら見守っていくしかありません。


コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。