スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜が明けたよ

西武戦の1試合目、涌井から先制点取った時点で若干泣きそうになり、松山のホームランで絶叫、勝利の瞬間には目の前に立ちこめていた霧が吹き払われたような開放感と安堵感。ああ、勝利って素晴らしい。
松山、小窪が活躍してくれたのが嬉しかったです。東出もやっと今シーズン初の好調期がやってきたし。
試合中、ベンチのバリントンをやたらいいアングルで長時間映してくれたので、母がバリントンのイケメンぶりに気づきました。多分これからバリントンファンになるでしょう。私はどっちかと言えばサファテ派。

昨日の試合も濃かったですねー。マエケンを勝たせてあげられなかったのは残念ですが、気合いとピッチングのバランスが戻ってきてるから、もう心配ないでしょう。
しかし牧田の落ち着きっぷりは小憎らしいまでに見事ですね。ちったあ動揺しろってんだ。それだけに梵のスリーバントスクイズは痺れた!あの球当てて、しかも前に転がすって何回に1回できることなんだろ。
再三のピンチには生きた心地もしませんでしたが、よく粘ってくれた。あれだけフォークばっかりでも、きちんと投げられれば振ってくれるもんなんだなあ。


なんか取り留めない感じになりましたが、ここからカープが再浮上することを祈って。



コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。