スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長する

まさかまさかの中日3タテinナゴヤドーム!
中日が裏ローテだったおかげもあるけれど、投打がっちりで3試合ともめっちゃ気持ちよかった~。

まず第1戦、とりあえずあれだね、バリントンは野球の神様もといシュールストロム大先生がカープに遣わした天使だね。大丈夫、私の頭は正常だ。中4日で8回無失点って、ありがたすぎて平伏もんですな。あのどんな場面でも全く揺らがない精神力はほんとにすごい。そんなにすごいピッチャーなのに、ツイッターでは髭剃ろうかそのままにしとこうか真剣に悩んでんだぜ…。萌えるわチクショウ。
この試合で輝いたのは井生。13年目のプロ初ホームランっていう言葉の中には、ものすごい重さが詰まってる。プロ野球という過酷な舞台で、思うように結果を出せないまま、気持ちを切らさずに励み続けた結果。すごい、ほんとうにすごい。

さて、プレイボール前に東出がハムストリングやっちゃったという情報を聞いてがっつり落ち込んだ第2戦。
先発のソリアーノが若干の悪い癖は残っているものの成長したピッチングを観せてくれて、中継ぎ抑えがきっちりつなぐ。丸のホームランや栗原のタイムリーが欲しいところで出て、投打のバランスで勝てた試合。
いやあ、サファテって野球の神様もとい(以下略)。
東出の代役で出た高明も久々の一軍でいい活躍観せてくれました。

初回乱調の伊藤から2点を取って攻撃が終わったとき、もうちょっと点が欲しかったという親父に2点がちょうどいいんだよ、下手に大量点取ったら篠田が浮き足立って絶対良いことにはならない、と言ったら若い癖に見方が吝いと言われた3戦目。
粘りと若干のラッキーで5回を無失点で投げきった篠田の久々の勝利とか、赤松の根性スクイズとか触れたいポイントはいくつもありますが、なんかもうものすごい、とんでもないものを観てしまったと思ったのは6、7回を投げた今村のピッチング。
去年の今村は一軍の壁に跳ね返された期待のルーキー。今年の今村は先発ではいまいちだけどリリーフではいい結果を出すから徐々に先発が早めに降りたときのイニング稼ぎから勝ちパターン要員になってきた若手。ストレートはそこそこ速くて重い、変化球はハマれば結構威力がある。これから経験積んで中心選手に成長して欲しいなあ、前の日まではそういう感じで今村のこと観てました。
でも昨日マウンドにいたのは私の知らない今村でした。右バッターのアウトローに150キロのストレートを、完璧なコントロールで投げ込む。バシバシっと変化球でカウント稼いで、最後はストレートで三球三振。少々粘られても全く動じず、淡々とものすごい球を投げ込んでいく。解説の権藤さんいわく「白鵬が平幕と相撲取ってるみたい」な別次元ピッチングでした。
人の成長というのはこんなに凄まじいものなのかと、半ば呆気にとられながら思いました。確かに最近伸びてきてるなとは思ったけど一気にここまで行くか。
もちろんこれから波はあるでしょうが、ほんとにいいもの観せてもらいました。


またチームが動き出してきた感じがしますね。春先のような、前に突き進んでいくパワー。ケガ人だらけなことも長打力不足も変わってないのに、流れが変わってくると若手ベテランとわずアグレッシブさが出てくる。負けが込んでるときはことごとく逃げていた紙一重がこっちに転がり込んでくる。
井生の長年の努力も今村の急成長も全部チームの力になっていく。成長する、選手も、チームも。その過程をずっと観てきたから勝利がひときわ嬉しい。
これだからカープ最高なんだよなあ。



コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。