スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩国市長選

篠田が入院(((( ;゚Д゚)))焦らずしっかり治してほしいです。

私の住んでいる岩国市は、今市長選のまっただ中です。
米軍基地への空母艦載機移転拒否派の前岩国市長・井原さんと容認派の前衆議院議員・福田さんの一騎打ち。昨日が告示だったけど、一週間以上前から街宣車が走り回り、新聞やポストに両陣営のビラが入り、世論調査の電話が家に2回もかかってきました。

まだ選挙権の無い私がいろいろ言うのも意味がないかもしれないけれど、今の岩国はちょっと異常です。あの人は誰支持、あの会社は誰支持、といった会話が寄ると触ると始まり、デマとも本当ともつかないような候補者の噂が流されたり、地元の権力者が、その地域の住民が自分が支持しない候補者の集会に行くのを阻止したり・・・
普通の選挙でもあることだけど、国政選挙のような論争と対立が、岩国という一自治体の狭い範囲、つまりお互いの顔が見える範囲で展開されているので、体験しないと分からない圧迫感があります。

自然の多い、そんなに人口の多くない、静かでいい街なはずなのに、なんでこんなに息苦しい思いをしなければならないのだろう。今の日本のアメリカに頼った防衛策には米軍基地が必要で、そのためにはどこかの自治体がそれを受け入れなければならないのは分かるけれど、私の正直な気持ちは上に書いた通りです。
去年の夏、空から轟音が聞こえたので上を見ると、米軍の戦闘機が低空飛行していました。それを見たとき、私は怖いとも何とも思わず、ただ「うるさいなぁ・・・」と感じただけ。普通の市民が普通に暮らす街の上を戦闘機が飛行するのが当たり前になっている現実。それが一番怖いことかもしれないな、と思います。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。