スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルイスの誤算 対中日2回戦3-5

昨日と同じくどっちに転んでもおかしくない試合でした。それだけに落としてしまったのは痛い。

一番の誤算はルイス。期待されながらも4回4失点という結果でした。初回と2回は合わせて3つ三振を取るパーフェクトピッチングで、ストレートのMAXは148㎞/h、スライダーのキレも素晴らしかった。しかし、ストレートとスライダーでポンポンストライクを取り、ボール球も内角の球もほとんど使わないピッチングでは中日打線を抑えることはできません。3回には配球の傾向を読まれて森野のホームランを含む5安打を集められ、3失点。4回には課題のボークが2つ絡んで1失点。ほろ苦いマウンドになってしまいました。あれだけのストレートがあるのなら、シュート系のボールが無くても体の近くにストレートを配球するだけで外角の使い方がかなり広がると思うのですが。実際3回に井端の打席では、カウント2-1から内角に1球ボールで外し、次の外角へのスライダーで見逃し三振を取ることができました。リードするキャッチャーも含めて、次回登板までの改善を期待します。

1-4とリードされた6回2アウトから、エラーを足がかりに前田の2ランホームランが出たときは「いけるかも!」と思ったのですが・・・やはり5回のノーアウト満塁のチャンスで1得点、7回のノーアウト2,3塁のチャンスで無得点に終わったのが痛かった。特に森笠と梵はボール球に手を出して三振。制球を乱して苦しんでいた朝倉を助けてしまいました。

少ないチャンスを確実に点につなげ、投手は粘り強く最少失点に抑える野球に活路を見いだすのなら、まだできることがあったように思います。反省すべきことは反省した上で、気持ちを切り替えて明日の試合に臨んでほしいです。

チーム初ホームランとなった前田の一発は、チーム通算7000本のメモリアルアーチだったそうです。ラジオによると7000本の内1040本が山本浩二と衣笠祥雄のコンビによるものだとか。2人の偉大さを改めて実感しました。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボークといえば

中5-3広(29日) 森野が2打点Excite エキサイト : スポーツニュース ブロックもボーク王でしたねえ・・・。 2試合で、投げていない中継ぎはもういない、 林・梅津は連投。 ・・・ファームで調整している中継ぎにとって レベルを下げないことが重要になりそ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。