スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残塁残塁また残塁 対中日3回戦0-4

拙い攻め あまりの果ては 笑い合い
ははははは。今日も見事に9残塁です。

梵と栗原が深刻ですね。2人とも自分のスイングができていない。特に栗原は力みが微妙な狂いを生んでいるようで心配です。今日もチャンスで結果を出せませんでしたが、4番の重圧というのは想像以上のものがあるのでしょうか。しかし、今日の梵の第三打席の大ファール、栗原の最終打席のレフトフライはなかなかいいあたりでした。何かのきっかけになってくれるといいのですが。

そして、誰もが疑問を持ったであろう6回の采配。0-2とリードされ、ツーアウトランナー1塁から8番の山崎に代えて嶋。嶋がセンター前ヒットを放ち、1,2塁となったところで長谷川に代打・・・と思いきや長谷川がそのまま打席に入り、三振に倒れました。その裏、続投した長谷川が中村紀に2ランホームランを浴び、この采配は完全に裏目に出てしまいました。
なぜマーティは長谷川に代打を送らなかったのか。一つ考えられるのは、左の代打の森笠と喜田の状態があまりよくなかったこと。そして、前田は後に取っておきたかったのか。代打を送って前の回にいいピッチングをした長谷川を代えるメリットは低いと判断したのでしょうか。長谷川にヒットが出ればもうけもの、凡退しても次の回は一番から、というふうに考えられないこともないですが、それならば山崎に代えて嶋を出したことに納得がいきません。いろいろな意味で後味の悪さが残りました。

開幕シリーズは2敗1分という結果に終わってしまいました。手も足も出なかった、というわけではなく、チャンスをことごとく逃した末の結果なのでフラストレーションが溜まります。一投一打が勝負の全て。この気持ちで市民球場から出直しです。



春の甲子園9日目、一戦目で慶應を破った山口の華稜が天理と対戦しました。先制したもののやはり力の差は大きく、1-10で敗戦。ベストエイトは近畿勢だらけですね。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。