スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯がゆい試合 対阪神1回戦3-5

ここ2日具合がいつもにまして悪く、昨日も試合を見終わったら歩くのがやっとの状態だったので、遅くなりましたが試合の感想を。

先発の建さんはなにか怖がっているようなピッチングに見えました。細かいところを狙いすぎてボールが先行し、苦しいマウンドになってしまいました。連敗中、地元開幕、相手は阪神と、プレッシャーのかかる試合だっただけに、ベテランの貫禄のようなものを見せてもらいたかったのですが。

打線もなにかちぐはぐな印象。アレックスはタイムリーとホームランの大活躍でしたが、2回に盗塁2つを絡めて作ったチャンスで点を取れなかったのが後々まで響いてしまいました。救いは栗原に待望の一発が出たこと。歯がゆい試合が続いているだけに、栗原の復調がきっかけになっていい流れができることに期待です。

新井の第一打席のヤジは凄かったですね。私はもう関係ない人だからどうでもいい、というスタンスなのですが、この場合のヤジはあって当然だと思います。あれだけ神経逆なでされて、抗議の意志を示す人がいないわけないですから。度を過ぎるといろいろな問題が起きるので、さじ加減が難しいですが。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。