スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方向性の見える戦いを 対阪神2回戦2-4

カープの負けが込むのに比例して体調が悪化している気がする今日この頃。それでも気持ちは前のめり。手短に昨日の試合の感想を。

先発の宮崎はそれなりに頑張ったと思います。細かい制球では下柳に劣りますが、何とか踏ん張った。リリーフの林、コズロースキーも形はどうあれ無失点。

やはり打線の問題が深刻ですね。昨日は1番緒方、2番石原のサプライズオーダー。狙いは分からないでもないですし、実際緒方は2安打と結果を出しましたが、どうしてもマーティーがジタバタしている印象があります。開幕前に掲げていた「機動力野球」もイマイチ見えてきませんし(赤松の怪我はありましたが)。去年までとは違うスタイルで戦うのなら、それが定着するまで時間が掛かるのは仕方ありません。オープン戦ではあれほど「機動力」を試していたのに、開幕したとたんに目先の一勝にこだわって「2番石原」は納得がいかないのです。
同じ負けるにしても方向性の見える戦いであればまだ希望がもてます。
楽天の例もありますし、まだまだシーズンは長いのですから。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。