スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝ちにこだわる戦いが観たい 対巨人4回戦2-3

小窪、赤松と若い力が躍動しました。でも、勝てなかった。
かえすがえすも残念なのは5回の攻撃。石原のフォアボールと小窪のプロ初ヒットのツーベースでワンアウト2,3塁のチャンス。ここでピッチャーの長谷川はそのまま打席へ。得点不足に悩むチームが1点ビハインドの場面で、決して調子がよかった訳ではない長谷川をあと2イニングほど引っ張るためにワンアウトを献上しようというのはあまりに消極的すぎるように思います。何が何でも勝ってやる、という執念を見せてほしかったです。

好材料は小窪と赤松。初スタメンの小窪は5回のツーベースに続いて7回には同点に追いつくタイムリーヒット。走塁にもセンスを感じました。守備でも2回にセンター前に抜けそうな当たりをファインプレー。赤松も先頭打者ホームランにフェンス際の超ファインプレー。天谷との1,2番がうまくはまれば本当に面白いことになりそうです。

勝てないチームが流れを変えるためには、とにかくできることを死に物狂いでやっていくしかないと思います。そんな姿勢が欠けているのが一番の問題点なのかもしれません。

コメント

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。