スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間はあるけど体力がない

昨日ラジオでやってた東出と梵の対談がいろんな意味で素晴らしすぎて抱腹絶倒でした。ほんとにいいコンビなんですね。東出があんなにはっちゃけてしゃべるの初めて聞きましたよ。1歳児より子どもな梵や、ノートパソコンとマスコミにキレる東出といった笑える話の間に2人の野球哲学みたいなものが垣間見えて面白かったです。特に、「一番の敵は怪我。下手くそでも野球さえできればなんとかなる」という東出の言葉には深いものを感じました。


3日も野球がなくて暇なので本とか漫画とかの話。
最近ちょこちょこSFを読んでます。悲しいくらいに文系頭なので、宇宙とか科学とか、苦手なぶんだけ憧れがあるみたいです。今年亡くなったアーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」が今のところ一番のお気に入り。あんまりこのジャンルに詳しくないので、どんな作家が面白いのかイマイチわからないのですが、とりあえずアシモフやウェルズといった古典系も読んでみるつもりです。
今年に入ってずーっとはまりっぱなしなのが京極夏彦。京極堂シリーズと巷説百物語シリーズを集めているのですが、冊数が多い上に信じられないくらい分厚いのがあるので、本棚の中に「京極段」が出現しました。京極堂シリーズは映画化されたりもしてますが、映画に入りきらない部分に真の魅力があると個人的には思っているので、妖怪、ミステリー、民俗学等に興味のある方はぜひどうぞ。

漫画も相変わらず。好きな作家(冨樫義博、藤崎竜、あずまきよひこ等々)を中心にせっせと買っては読んでいます。冨樫さんの「レベルE」、藤崎さんの「サクラテツ対話篇」などメガヒットの陰に隠れがちな作品が面白いです(もちろん「HUNTER×HUNTER」も「幽☆遊☆白書」も「封神演義」も繰り返し巻き返し読んでます)。あずまさんの「よつばと!」は普段漫画を読まない人にもぜひ読んでほしい。よつばちゃんがめちゃくちゃかわいくてなごみまくりです。

そして、小説や漫画とは別に今メインで取り組んでいるのが中央公論の「日本の歴史」。大学に行ったら東洋の史学か文学をやるつもりなので、ここらで1回通史を読んでみるか、と思ってとりかかりました。けっこう昔の本なので、多少今と学説が異なっている部分があるかもしれませんが、読み応えがあってすごく面白いです。ただ理解力、思考力、集中力がガタ落ちしているので、1回に数ページ読み進むのがやっと。ちょっとでもひっかかる部分があったりすると、前に戻って読み直すので時間がかかるかかる。ようやっと第1巻の終わりが見えてきました。全26巻を読み終わるのはいつになるやら。

何を読むにしても、集中力が続かないのはすごくつらいです。無理して読み続けると金剛輪で頭を締め上げられるような激痛が・・・今は病人なので時間は腐るほどあるけど体力が無くて思うように読めない。体力があるときは勉強やら何やらで忙しくて時間がない。なかなかうまくいかないものです。

コメント

No title

このラジオ番組、夕刊を見てなかったもので気づきませんでした。

どうやらラジオのネットはTVとはちがってクロスネットになっているらしく、近畿地方ではABC(朝日放送系列)だったのです。野球中継を聞くときにもいろいろ困惑させられます。

さて、私、高校生の頃はアシモフが好きな作家でした。銀河帝国といえば私の脳内ではスターウォーズではなくアシモフの三部作のほうであったことを思い出しました。

>>(まめ)たぬきさん

ラジオのネットの仕方はよく分からないことが多いですね(汗)
RCCはTBS系列のはずなのに、去年のCS中継はニッポン放送のネットになっていて東出の解説が聴けませんでした。
東出子どもの話もけっこうしてましたよ。一緒にお風呂に入ったり、寝かしつけたりなかなかいいパパしてるみたいです。娘をプロゴルファーにして、さくらパパみたいにキャディーするのが夢だそうで。

アシモフはとりあえず「われはロボット」から入ってみるつもりです。おすすめ等ありましたら是非教えてください。

ハインラインは「夏への扉」「宇宙の戦士」

クラークは「幼年期のー」と「宇宙のランデヴー」くらいしか読んだ記憶がない。
あっしもアシモフが1番好きかな。「われはロボット」「ロボットの時代」「鋼鉄都市」
「はだかの太陽』「明日のロボット」「夜来たる」
ファウンデーションシリーズはどこまで読んだか忘れたが・・・。
他に好きだった作家はディック、ティプトリー、
ラファティ、アンダーソン、ポール、ベア、ヴァーリィ、
シマック、カード、シェパード、ウィリス、ホーガン、
スティール、バラード、ブラッドベリ、ブラウン。
みんな、おもしろかったなー。
でも、あっし的に1番おもしろいSFは「野球」ですね。
特に今年の広島野球にはセンスオブワンダーを感じます。
梵選手は、ハキハキしゃべってました?
どーも今回は悩みが深いようで早く悟りを開いてくれないとチームもファンも困ります。
頼むぞ、梵選手!!

>>クネス14さん

うおお~!たくさん紹介していただいてありがとうございます!「夏への扉」面白かったです。ピートがかわいくて・・・今はホーガンの「星を継ぐもの」を読んでます。早くSFが語れるようになりたいです。

梵は思ったより明るかったですよ。「早く爆発せんにゃーいけん」と言ってました。東出曰く「落ち込んでるのかな~と思ったら勝手に回復してる」のだそうで。「図太い」とも言ってました。強い選手なんですね。プロの壁に苦しみ抜いた大先輩東出がついてますし、必ず復調してくれると思います。

コメントの投稿




URL:

Comment:

Pass:

 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。